マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

『ディズニープラス』大幅リニューアルの中身 ユーザーの評価は?

2021年11月26日 19:00 マネーポストWEB

大幅リニューアルで何が変わった?(イメージ)
大幅リニューアルで何が変わった?(イメージ)

 数多くの動画配信サービスがしのぎをけずるなか、今年10月27日に大幅なリニューアルが実施されたのが、主にディズニー関連の動画コンテンツを配信する『Disney+(ディズニープラス)』(以下、ディズニープラス)だ。リニューアルによって視聴できるデバイスの幅が広がり、作品数も多くなった一方で、値上げも実施。はたしてユーザーの満足度はどうなのか、実際の声を聞いた。

 日本国内では『ディズニーデラックス』というサービスから移行する形で、2020年6月にローンチされたディズニープラス。元々『ディズニーデラックス』がNTTドコモと共同で始まったサービスだったということもあり、ディズニープラスに加入するには、ドコモのサービスを受けるためのアカウント「dアカウント」が必要だったが、今回のリニューアルで dアカウントを持っていなくてもディズニープラスに加入することが可能となり、さらにPlayStarion4、PlayStation5、Apple TV、Amazon Fireタブレットなどでも視聴できるようになった。

 また、ディズニー作品、ピクサー作品、マーベル作品などのほかに、「スター」と呼ばれる新ブランドが追加。国内のドラマ作品、アニメ作品を含む、ディズニー以外の映画、ドラマも配信されるようになった。なおリニューアルに伴い、月額料金は770円から990円に値上げされている。

 今回のディズニープラスのリニューアルについて、動画配信サービスに詳しいエンタメライターの大塚ナギサ氏はこう説明する。

「これまでのディズニープラスは、『ディズニー』『ピクサー』『マーベル』『スター・ウォーズ』『ナショナル ジオグラフィック』の5つのブランドで動画が配信されていました。特にディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの作品を見られるサブスクはディズニープラスのみであり、“独占配信作品を視聴するためのサービス”という色合いも濃かった。従って、“ディズニー関連の作品も観たいし、その他の作品も観たい”というユーザーであれば、ディズニープラスとその他の配信サービスのそれぞれに加入するというケースも多いんです。

 しかし、今回『スター』という新ブランドが追加されたことで、独占配信ではない作品も多くラインナップされることとなります。もちろん、ほかの配信サービスに比べると『スター』で配信される作品数はそこまで多くはないんですが、ディズニープラスのみでもいろいろな作品が見られるようになったので、“ディズニープラスに一本化する”というユーザーも出てくるかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。