マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「結局、何枚も買う羽目に…」 意外と多い「スマホの液晶保護フィルム」失敗談

2021年12月7日 15:00 マネーポストWEB

液晶保護フィルムを何枚も買い直してしまう理由は…(イメージ)
液晶保護フィルムを何枚も買い直してしまう理由は…(イメージ)

 スマホ・タブレット端末の関連アイテムの中で、ケースとともに重宝されるのが「液晶保護フィルム」。傷や汚れを防ぐだけでなく、予期せぬ落下で画面が割れることも防いでくれる頼もしい存在だ。指紋付着防止加工やブルーライトカットなど種類も豊富で、自分にあったものを選びたい。その一方で、フィルムの「貼り付け」で苦労したという人もいるかもしれない。意外と多い液晶保護フィルムにまつわる失敗談を、ユーザーたちに聞いてみた。

貼り付けに失敗し続けて辿り着いた答えは…

「もう何度失敗して買い直したか、わかりません。貼り付ける時の緊張感はハンパないです」

 メーカーで働く30代男性・Aさんは、こう嘆く。フィルムの貼り付けを失敗したため、買い直した負担額は「ばかにならない」という。

「高い端末を買ったんだから、液晶に傷もついてほしくないし、ましてや割れてほしくない。だから、保護フィルムも、なんとなく高めのものを選んでいました。でも、貼り付けに失敗して買い直すはめになることの繰り返しです」(Aさん)

 スマホとタブレットを使用してきた中で、どうしても自分の満足できる仕上がりにならないことが多かった。

「スマホは、特に樹脂フィルムが貼りづらくて、何枚買い直したかわからない。よく液晶画面を拭きとったつもりでも、埃や塵がついているようで気泡が入ってしまう。気にしなかったらいいのでしょうけど、僕はそれが気になって仕方がないタイプなんですよね……。ガラスフィルムならまだましですが、今度は左右対称にうまく貼るのが難しい」(Aさん)

 そうしてフィルム貼りの失敗を繰り返しながら、Aさんなりの落とし所を見つけたようだ。

「自分でスマホに液晶保護フィルムを貼る時は、本体とフィルムがずれないガイド枠が付いたもの、もとから2枚入りのもの、もしくは100円ショップで複数枚を購入することにしました。おかげで1回失敗してもなんとかなるという安心感が生まれました。

 タブレット端末は、もう自分で貼ることをあきらめ、有料サービスを利用することに。画面サイズによって異なりますが、私は家電量販店で3000円ほど払ってやってもらいました。最初はお金がもったいないと思いましたが、ポイントを利用すれば“損”をした気持ちにはならないし、失敗して買い直した方がよっぽどもったいない」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。