マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

スマホ裸族たちのこだわり 「iPhoneは何もつけない方が美しい」

2020年10月29日 16:00

スマホにケース、つける?つけない?
スマホにケース、つける?つけない?

 10月23日、iPhone 12シリーズが発売された。近年スマホは高機能化にともない、価格も上昇傾向にあるが、今回はその修理代金の高さも話題になっている。標準モデルであるiPhone 12の場合、「AppleCare+」に未加入の場合の画面修理は3万400円(税別、以下同)。iPhone 11の修理代金が2万1800円だったことを考えると、かなりの高騰だ。

 そうでなくても画面割れや外装の傷は避けたいところで、iPhoneシリーズに限らず、スマホケースやカバー、保護フィルムといった防護アイテムを活用する人は多い。そんな中、あえて何もつけない無防備な“裸の状態”でスマホを使う、通称「スマホ裸族」と呼ばれる人たちもいる。スマホの破損リスクと隣り合わせでいながら、ケースやカバーを装着しないのはなぜか。

 30代の男性会社員・Aさんは、iPhone 4からずっと使い続ける根っからのiPhone派で、iPhone 12 Proにも買い替え予定だ。しかし、最近はスマホケースや保護フィルムはつけなくなったという。

「iPhoneは、やっぱり何もつけない方が美しいと思うんですよ。カバーをつけると重くなるしごつくなるし、見た目が醜くなる。液晶もフォルムレスが一番きれいですし反応もいい」

 そんなAさんだが、かつてはシリコンケースや手帳型、外周や角だけを保護するバンパーなどにこだわっていた時期もあった。「iPhone 6の頃はカバーを使っていました」と振り返る。

「iPhone 6あたりから画面の巨大化と重さが目立つにようになって、落とす人が続出し、画面も割れるという話だったので、僕もいろんなカバーを使ってみました。でも、結局Xからカバーが煩わしくなって裸族に舞い戻りました。何もつけていないと、かえって慎重になって、歩きスマホとかもしなくなり、破損の傷はありません」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。