マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

家電やスマホの延長保証 加入する人・しない人、それぞれの判断基準

2021年11月19日 15:00 マネーポストWEB

延長保証に加入したほうが安心なのは理解できるが…(イメージ。時事通信フォト)
延長保証に加入したほうが安心なのは理解できるが…(イメージ。時事通信フォト)

 高額な家電やスマートフォンを購入する際、悩ましいのは保証ではないだろうか。メーカーの1年保証はもちろん、その後も継続できる延長保証として、3年、5年、10年を選択できる場合もある。安心できる期間が長くなる分、購入代金の数パーセントを上乗せ、もしくは一定額を払うことになるだけに、加入する否かで迷った人も少なくないだろう。加入する人、しない人それぞれの主張を聞いてみた。

予期せぬ故障から入るべきと判断

「家電なら全部というわけではなく、選んで加入するようにしています。やっぱり安心感が違います」

 そう語るのは、人材紹介会社に勤めるAさん(40代女性)。以前は、「基本的に延長保証はつけない」というタイプだったが、洗濯機の故障を経験してから考え方が変わったという。

「ドラム式洗濯機が5年間で3回も故障したことがあって、その都度2万~3万円くらいの修理費がかかってしまい、延長保証に入っていなかったことを後悔しました。とはいえ、30万円以上かけて買った洗濯機なので、そう簡単に買い替えも決断できません。こんな思いをするなら、保証費用の約1万5000円をケチるべきではありませんでした……」(Aさん)

 それ以来、延長保証に加入しないと不安になったAさん。その後、夫が延長保証に加入していた冷蔵庫が壊れたことがあり、保証の大切さを改めて実感したそうだ。

「冷蔵庫が7年目で調子が悪くなったのですが、10年保証に入っていたため助かりました。当時、私は延長保証に入る気はなかったのですが、夫が『冷蔵庫だけは入った方がいい』と入っていたんです。長く使う前提のものや、値が張るものは延長保証に入ったほうがいいかなと。2万~3万円くらいの家電なら、無理に入らなくてもいいと考えてます」(Aさん)

新しいモデルと新品交換になり「ラッキー」

 広告代理店に勤務するBさん(30代女性)は、約4年前、4K対応テレビを購入するも不具合に見舞われた時のことを振り返る。

「当時、4K対応テレビを約20万円で購入しましたが、約3年使ったところで液晶の不具合から映りが悪くなりました。修理に依頼すると『部品がない。代替品で対応したい』との返答をもらいました。おかげで新しいモデルと新品交換になり、むしろラッキーでした。家電が壊れるかどうかって、アタリハズレのような運要素もある気がするので、高額なものこそ付けておくと安心ですよね。保証費用は購入代金の5%くらいなので、月額換算したら数百円。何かあるかどうかはイチかバチかですが、まあ保険ですから」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。