マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

食品表示の読み方 「原料と添加物の区別」「賞味・消費期限の違い」他

2021年12月16日 19:00 女性セブン

食品の原材料表示の見方を解説
食品の原材料表示の見方を解説

 細かすぎてスルーしがちな、暮らしまわりの品質表示。「知らなくても困らないだろう……」と思うかもしれないが、どんな表示にも見ておくべき重要なポイントがある。食品表示に関するポイントを専門家に聞いた。

 消費者庁は、スーパーの食品表示部分にスマホのカメラをかざすと成分が表示されるアプリを開発中。食に対する意識が高まる中、文字が小さいという声も多いためだ。「基礎疾患やアレルギーを持つかたにとっても、食品表示は重要な情報です」と、管理栄養士の小林千晴さん。

「表示には、原材料と栄養成分の2種があります。一般的な加工食品の原材料表示では、使われた原材料は水以外すべて記載が必要で、重量の割合が高い順に記載します」(小林さん・以下同)

 では、重要な表示を見ていこう。

【1】原料原産地
「最も重量割合が高い原材料の原産地を表示。2か国までが必須で、3か国目からは(その他)と表記できます」

【2】原料と添加物の区別
「原材料と添加物の間は/(スラッシュ)または、改行をするのが決まりです」

【3】アレルゲン(食物アレルギーの原因となる物質)表示
「記載義務がある『特定原材料』は、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)です」

【4】賞味・消費期限
「賞味期限はおいしく食べられる期限、消費期限は安全に食べられる期限で、記載はどちらかでOK。安全のため、消費期限は守ること。開封後は期限無効です」

【5】保存方法
「『10℃以下で保存』『常温で保存』などの表示は、あくまで開封前のもの。開封後は保冷し、早く消費しましょう」

 添加物も気になるが……。

「添加物は、安全に流通・保存するために必要なもの。使用量には厳しい基準があるので、あまり気にしなくても大丈夫です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。