マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

オミクロン株登場でも「年末年始の旅行・帰省は問題ない」と言えるワケ

2021年12月13日 7:00 女性セブン

今年のGWは緊急事態宣言中にもかかわらず、羽田空港は大混雑だったが、年末年始はどうなるか?(時事通信フォト)
今年のGWは緊急事態宣言中にもかかわらず、羽田空港は大混雑だったが、年末年始はどうなるか?(時事通信フォト)

 2021年もあとわずか。すでに年末年始の予定を立てている人も多いだろう。しかし、オミクロン株の登場でその計画も怪しい雰囲気に。このまま旅行や帰省の計画を進めるべきか、悩ましいところだ。

 南アフリカでオミクロン株の感染が確認されると、岸田文雄首相(64才)はさっそく、11月30日から全世界を対象に「外国人入国禁止措置」を取ると発表。11月29日には、国土交通省が航空会社に、日本着の全国際線について12月末まで「新規予約を停止」するよう要請した。

 これまでにない迅速かつ厳しい対応だが、12月2日、政府は国際線の新規予約停止の要請を撤回し、岸田首相は「国交省に邦人の帰国需要について充分配慮するよう指示した」と説明した。首相は「一部のかたに混乱を招いてしまった」と釈明しており、オミクロン株に対して右往左往しているような印象だ。

「これまでは“緊急事態宣言の発出が遅すぎた”など、対応の遅れや対策の中途半端さが国民の不信を招いた。そうした批判を浴びないよう先手を打とうとするあまり、焦っているというか、拙速になっているとの指摘がある」(永田町関係者)

 WHO(世界保健機関)も、日本が取った入国禁止措置について「理解困難」「ウイルスは国籍や滞在許可証を見るわけではない」と批判した。だが、血液内科医の中村幸嗣さんは政府の対応にこう理解を示す。

「疫学として危機管理を考えると、最も迅速な対応だった。ただ、航空券の予約を停止したことに関しては、邦人が帰国できなくなり、国民を見捨てる形になってしまった。外務大臣経験者の岸田首相が“これではまずい”と気づき、トップダウンで取り消したのではないでしょうか」

 今後、国内でオミクロン株による感染者の再拡大などが起これば、政府は海外だけでなく、国内に関しても厳しい措置を取る可能性は高い。

「ただし、過去の経験から“全国一律”の対策は講じないと思います。感染拡大の状況は都市部とそれ以外では大きく異なる。経済的なダメージを軽減するためにも、地域の状況に応じた“局地的ロックダウン”にとどまるのではないでしょうか」(前出・永田町関係者)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。