ビジネス

「最後の長者番付」を振り返る 假屋崎省吾氏は「ぶったまげるような目に」

2005年発表の「最後の長者番付」にランクインしていた假屋崎省吾氏(時事通信フォト)

2005年発表の「最後の長者番付」にランクインしていた假屋崎省吾氏(時事通信フォト)

 かつて国税庁が発表していた「長者番付」は、所得税額1000万円を超える納税者の名簿を公示する制度で、これに基づいて高額納税者の順位が明らかになった。個人情報保護や犯罪抑止などの観点から2005年(2004年分)の発表を最後に長者番付は廃止された。

「テレビや新聞で初めて見て、こんなに税金払ってたの! って気持ちだったわよ」。そう振り返るのは、華道家の假屋崎省吾氏だ。

 天皇陛下御在位10年記念式典(1999年)などで花の総合プロデュースを手掛け、2000年頃に始めたタレント活動で知名度が急上昇。テレビのレギュラーをいくつも抱え、2005年発表(2004年分)の高額納税者ランキングの「文化人部門」で6位に入った。

「当時は40代前半で、働き盛りでした。テレビ出演がきっかけでディナーショーや講演会が増えて、華道家としての個展はもちろん、花に関わることはなんでもやらせていただきました。1日も休まず仕事していたので、長者番付は頑張って納税している証明だ、と晴れ晴れとした気持ちでした」

 同番付の発表はそれを最後に廃止された。それから17年が過ぎたいま、「最後の長者番付」を改めて振り返る。

「ここまで儲けていると、やっかみや妬みもあって、そりゃあ、ぶったまげるような目には遭いました。でも美輪明宏さんに言われた『見ざる言わざる聞かざる、そして関わらざる』がモットーなので。そんなマイナスオーラを受け取ったってしょうがない」

 そう假屋崎氏が言うように、当時、毎年5月に発表されていた長者番付は新聞やテレビで盛んに報じられ、ランク入りした経営者や著名人は「時の人」となり、羨望と嫉妬の眼差しを向けられた。

 2004年分の長者番付の「俳優部門」を見ていくと、1位には納税額2億101万円でみのもんたが、2位には同1億8745万円でSMAP(当時)の中居正広が入った。いずれもテレビで見かけない日はないほどだった。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。