キャリア

「最後の長者番付1位」のスーパーサラリーマン 現在も元気に投資活動

2005年発表の「最後の長者番付」(2004年分)部門別ランキング

2005年発表の「最後の長者番付」(2004年分)部門別ランキング

 かつて国税庁が発表していた「長者番付」は、所得税額1000万円を超える納税者の名簿を公示する制度で、これに基づいて高額納税者の順位が明らかになった。個人情報保護や犯罪抑止などの観点から2005年(2004年分)の発表を最後に長者番付は廃止された。

 この年は異例のランクインがあった。『経済界』編集局長の関慎夫氏が語る。

「IT関連が隆盛のいまと比べると、消費者金融や健康食品などの販売業で稼いだ経営者が目立ちます。この時すでに3位に入っているファーストリテイリングの柳井正氏のような人もいますが、この年は総合ランキング1位が、“サラリーマン”だったことで注目を集めました」

 その人物こそ、投資顧問会社・タワー投資顧問の「部長」だった清原達郎氏だ。清原氏は、東大卒業後に野村証券に入社。米国の大学でMBAを取得後は外資系金融機関を渡り歩いた。

 当時の推定年収は100億円とも言われ、「スーパーサラリーマン」として時の人となったが、数年前に「咽頭がん」を患い声帯を除去。表舞台から姿を消した。現在はどうしているのか。

「清原さんは表に出たがらないですからね……」と話すのは、同氏と旧知の間柄のジャーナリストだ。匿名を条件に、清原氏の近況をこう明かす。

「現在も元気に投資活動をしていますよ。最後に会ったのは退院後のお見舞いで2年くらい前ですが、今もメールのやり取りをしています。株や投資の話が多いが、経済事件が起きると状況を問い合わせてくることもある。最近はSBIの新生銀行に対するTOBについて質問されました」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。