マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

職場の人間関係がストレスになる要因 人手不足から生じる「余裕のなさ」も

2022年1月17日 7:00 女性セブン

職場の人間関係の問題は増加傾向にあるという(イメージ)
職場の人間関係の問題は増加傾向にあるという(イメージ)

 人が生きるための当然の営みである「労働」。だが、同じ働くという行為でも、どんな環境で、何をするかによって、健康に与える影響は大きく変わる。職業と病気の関係性において、秋津医院院長の秋津壽男さんが指摘する重大な要素が「ストレス」だ。秋津さんが話す。

「適度のストレスはプラスの要素になりますが、過度になればマイナスです。仕事上のストレスの総量が多いと、健康を損なうことが多い」

 ストレスについては、興味深いデータがある。厚労省の「令和3年版過労死等防止対策白書」によると、2020年の自殺者のうち、「勤務問題」を原因、動機の1つとするものの割合は9.1%。前年より微減したが、この10年はほぼ右肩上がりになっている。

 注目すべきは勤務問題における自殺の動機だ。警察庁の発表によると、例年、「仕事疲れ」がトップだったが、2020年に初めて「職場の人間関係」が1位になった。だからといって、仕事で疲れている人が減ったとは考えにくい。NPO労働相談センター副理事長の須田光照さんが言う。

「労災や職業病もいろいろあり、主に腰痛や筋肉痛のような肉体の負担によるものと、うつや適応障害などの精神疾患があります。最近は、同僚や上司からのパワハラやいじめ、それらのストレスからくる精神疾患の相談が増えています。労働条件が改善して『仕事疲れ』を訴える人が少なくなったというよりも、それをしのぐほど人間関係の問題が増加傾向にあると感じます」

 なぜそれほど職場の人間関係がストレスになるのか。要因として、「余裕のなさ」が考えられる。厚労省の昨年の報告では、2020年に特別養護老人ホームなどの社会福祉施設で働く人で、4日以上の休業を伴う労災の死傷者数は、前年比32.1%増にも上る。原因は転倒や腰痛などのトラブルが頻発したためとされるが、その裏には、人手不足から職員が高齢化していることが指摘される。

「不景気もあり、どの職場もギリギリの人数で回していることが多く、職員一人ひとりの余裕がありません。なかには、『あいつのミスをなぜ自分がフォローしなくてはならないのか』『あいつだけラクしているのではないか』と、同僚のミスや行動につい苛立って、人間関係がギスギスする職場もある。

 懸念すべきは、介護や医療に携わる人たちが心にゆとりを持てず、患者や入所者などケアを受ける人へのサービスに影響してしまうこと。さらに弱い立場の人へしわ寄せがいくことは何としても防ぐ必要があります」(須田さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。