マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「PSVR2」登場で進化するVR機器 「デバイスよりコンテンツが問題」の課題も

2022年2月7日 16:00 マネーポストWEB

「PlayStation VR2」に期待する声がある一方でVR業界全体の課題も残る(AFP=時事)
「PlayStation VR2」に期待する声がある一方でVR業界全体の課題も残る(AFP=時事)

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が1月5日、米ラスベガスで開催された「CES 2022」で、PlayStation 5向けのVRデバイス「PlayStation VR2」について、スペックの一部を発表した。ファンからは期待の声があがる一方で、「VR(バーチャルリアリティ。仮想現実)」を取り巻く環境への不満の声も漏れ聞こえる。コンシューマー向けVRデバイスの最前線を追った。

「PlayStation VR2」が“進化”した部分

 価格や発売時期、デザインなどは未公表だったものの、現行の「PlayStation VR」に比べ、より精細な映像表現が可能となることが明らかになった「PlayStation VR2」。ユーザーの視線を感知することで、より効率的に緻密で明細な映像表現が可能となるほか、ヘッドセットに内蔵されたモーターの振動によって“触覚”を使って映像やゲームを楽しむこともできるという。家庭用ゲーム事情に詳しいライターの藤井夏樹氏はこう話す。

「PlayStation VR2には、現行のPlayStation VRを遥かに上回る“没入感”が得られるのではないかと、かなり高い期待が寄せられています。またPlayStation VRの場合、PlayStation 4とヘッドセットを“プロセッサーユニット”と呼ばれる装置を介して接続するため、配線などが煩雑になってしまうという難点があったのですが、PlayStation VR2ではヘッドセットとPlayStation 5をケーブル1本でつなげられるというのも大きな進化です」

 一方、ゲーム機本体との接続が不可欠な「PlayStation VR」シリーズに対し、ヘッドセット本体のみでVRを楽しめるデバイスとして、「OCULUS QUEST 2」も人気を集めている。開発元のFacebookがMetaと社名を変更したことを受け、今後は「META QUEST」のブランド名に変わっていくという。

「OCULUS QUEST 2」は、2020年10月に発売されたAndroidをベースとしたVRヘッドセットで、本体のみで映像やゲームを楽しむことが可能。内蔵ストレージ128GBモデルが3万7180円、256GBモデルが4万9280円となっている。

「QUEST 2は、ヘッドセットを装着すればすぐにその場でVRを楽しめる手軽さが最大のメリットでしょう。また昨年10月には『バイオハザード4』のVR版が、OCULUS QUEST 2専用ゲームとしてリリースされており、こういった人気シリーズの移植もQUEST 2の人気拡大を後押ししているようです」(藤井氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。