マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

日本歴代最高経営者ランキング 盛田昭夫、藤田田、小林一三らが上位に

2022年2月18日 7:00 週刊ポスト

ソニー創業者のひとりで「ウォークマン」の開発にも携わった盛田昭夫氏(時事通信フォト)
ソニー創業者のひとりで「ウォークマン」の開発にも携わった盛田昭夫氏(時事通信フォト)

 週刊ポストでは、日本の企業や経営者を長年見続けてきたジャーナリスト、アナリスト、評論家、大学教授ら32人にアンケートを行ない、「歴代最高の経営者」は誰かをランキング形式で選んでもらった。(別表参照。文中一部敬称略)

 歴代トップに選出されたのは、やはり「経営の神様」松下電器産業(現パナソニック)社長・松下幸之助だった。2位は、ホンダ社長の本田宗一郎。3位は、ヤマト運輸社長・小倉昌男だった。

 日本を代表するグローバル企業となったトヨタ、ソニーの歴代社長も、多く上位に名前が挙がっている。ソニーからは創業者コンビの盛田昭夫、井深大が、トヨタからは創業6代目の豊田章一郎、経団連会長も務めた奥田碩がランク入りした。

『経済界』編集局長・関慎夫氏は、井深とホンダ創業者・本田宗一郎について「夢を追いかけてモノづくりの日本を作った2人」「どちらにも優秀なパートナーがいた」とする。井深にとってそれは盛田だった。

「盛田さんはマーケティングの天才でした。ソニーのウォークマンは“外で歩きながら音楽を聴きたい”というユーザー視点で開発された商品だったから、世界中で大ヒットした。技術力のある日本メーカーが海外勢に負けるのは、このマーケティング力の違いです」(経済ジャーナリスト・片山修氏)

 茨城大学名誉教授の古賀純一郎氏は、トヨタ元社長の奥田をこう評価する。

「保守的だったトヨタ自動車を『攻め』に転じさせた改革者。環境がキーワードと睨みハイブリッド車への進出を決断し、世界最大の自動車会社に変身させました。米ビジネスウィーク誌で世界最優秀経営者の1人に選ばれたこともあります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。