マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

婚活では「男の価値=年収」の現実も…「生きづらさ」を実感する男性たちの苦しみ

2022年2月9日 16:00 マネーポストWEB

婚活などで「男らしさ」の重圧に直面するケースも(イメージ)
婚活などで「男らしさ」の重圧に直面するケースも(イメージ)

 性差にとらわれず、異なる価値観を認める多様性の意識が社会に広まりつつあるが、それでも「らしさ」の呪縛に苦しむ人たちは絶えない。女性に対して「女らしさ」を求める風潮は徐々にタブー視されつつあるが、一方で男性側も「男らしさ」を強いられてくる苦しむケースがある。電通総研の調査によると、全世代(18~70歳)の男性の約半数が「最近は男性のほうが女性よりも生きづらくなってきている」と感じているという。男性たちはどんなことに苦しんでいるのか。生きづらさを実感している男性たちの声を集めた。

「低年収なら男として見られない」

「女性が求める『普通の男』『年収』みたいなニュースを見るたびに、ため息が出ます。見なきゃいいんですけど、やっぱり落ち込みますよね」

 そう嘆くのは、メーカーに勤務する30代男性・Aさんだ。交際でも婚活でも男性は年収が最重視される重圧を感じている。

「婚活を意識すると、やっぱり女性側は自分より年収が高い男性を求めていて、『男の価値=年収』という価値観は根強いことを突きつけられます。低年収なら男として見られない。いくら共働きが浸透した社会であっても、出産や育児、また病気など万が一のことを考えると、高収入の男性に惹かれる女性が多いのは理解できます。

 私自身は平均年収にやっと届くくらい。結婚を考えると、これまで以上に『養わなくてはならない』『働き続けなくてはならない』というプレッシャーを強く感じるようになり、逃げ出したくなっています」(Aさん)

 Aさんはかつて、こうした「男らしさ」を求められる重圧の苦しみを、学生時代の女友達に口にしたことがあった。しかし、返って来たのは皮肉にも「男らしさ」を求める言葉だった。

「『男なら黙って働け。ウジウジするな』みたいなことを言われました。『女だから黙って料理作れ、と言ったら怒るくせに』、と反論してみたのですが、『じゃあ働かなかったらいいんじゃないの? 誰も相手にしないと思うけど』という辛辣な言葉が(笑)。『女らしさ』はダメだけど、古いイメージの『男らしさ』は求めても問題ないみたいな風潮は、モヤモヤします」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。