マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

整形外科で打撲と診断されたが1か月後に骨折と判明 医師を提訴できるか

2022年3月3日 19:00 女性セブン

実際は骨が折れていたのに…(イラスト/大野文彰)
実際は骨が折れていたのに…(イラスト/大野文彰)

 怪我をした時は早めに適切な対応をしなければ、後々に影響が残ることも少なくない。しかし、信頼して医療機関を受診したものの、医師の判断が間違っているケースもある。そんなとき、どんな対応ができるのだろうか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 右手を強打し薬指が腫れてしまったので整形外科へ行ったところ、レントゲン撮影の後、打撲と診断されました。1か月ほど経って痛みは取れたのですが、指に力が入らないので再度病院へ行くと、実は骨折していたことが判明。指はずっと曲がったままだと言われ、違和感も残ったままです。最初に診断を誤った医師を訴えることはできますか。(東京都・56才)

【回答】
 初診時に撮ったレントゲン写真(X-P)の読影が問題になると思いますが、詳細な経過がわからないので一般論で説明します。強い打撃を受けた指が腫れて痛めば、骨折した疑いもあります。骨折は外形からわかるような場合もあるようですが、診断を確定させるためにX-Pの撮影をするのが普通です。

 X-Pは、X線と呼ばれる電磁波を患部に照射し、X線が透過する部分をフィルムに感光させ、骨など透過しない部分が白く残るという原理で、体内の状況を描出させるものです。

 したがって骨折があって、折れた骨が完全に離れていれば、その間が感光して黒くなり、白い骨片部分が遊離しているのがわかります。

 骨折には骨にひびが入った状態も含まれますが、軽微なひびでは、X-Pから発見することができない場合もあるといいます。また骨折部位に複数の骨が重なっていると、骨折が写らない場合があります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。