マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

医師免許があっても医者として働いていない人たち それぞれの事情

2021年2月16日 16:00

医師免許を持つ人にもそれぞれの人生があるようで…(イメージ)
医師免許を持つ人にもそれぞれの人生があるようで…(イメージ)

 2月も終わりに近づき、大学受験シーズンもまもなく終了。大学受験の人気には時代ごとに流行があるが、安定して高い人気を誇るのが医学部だ。病で苦しんでいる人を助けるという使命感に加え、社会的ステータスも高く、収入も高いのが医者という職業。しかし世の中には医師免許を取得していながら、医者として働いていない人もいる。いったいどんな事情があるのだろうか?

 現在、神奈川県川崎市に住むKさん(40代/女性)は、現在、主婦として暮らしている。近畿地方で開業医を営む父を持つKさんは、2人姉妹の長女。父の希望は男の子に家を継がせることだったが、女の子しか生まれなかったため、Kさんが医者の道に進んだ。Kさんは現役で大学に合格し、20代半ばで東京の大学病院で医師デビュー、30歳で結婚した。

「夫は製薬会社勤務で、病院に出入りしていて知り合いました。父は私に医者と結婚して欲しかったようでしたが、そこまで口出しされる筋合いはありません。父はたびたび『病院を継がないか?』『このままでは病院を畳むことになる』と言っていましたが、地元に帰るなら夫は仕事を辞めなくてはいけません。頑なに拒否したため、実家との関係は最悪でした」(Kさん)

 妹が医者と結婚すれば八方丸く収まるが、そこまで周囲の思い通りにはならないもの。妹が医者とは無関係の自営業の男性と結婚してしまうと、父親のイライラは募り、家族関係は崩壊しかけた。だが、Kさんの息子が状況を一変させる。

「結婚数年後に男の子が生まれました。その頃は父も、私が病院を継ぐことを諦めていましたが、息子が中学に入り、医者という仕事に興味を持つようになると、父は俄然はりきり、『この子を医者にする!』と言い始めました。私も、父の病院を継がないことには後ろめたい思いがあったので、仕事を辞めて、息子のサポートに回ることにしました」(同)

 父は孫が医学部に進んだ折には金銭援助することを約束し、夫も息子が夢に向かって進むことには大賛成。夫の会社は超大企業で生活も安定していることもあって、Kさんは医師をやめて家庭に入ることを決断、今では家事や息子の塾の送り迎えなどに忙しい日々を送っている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。