マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

社長就任への決意表明か サントリー・鳥井信宏副社長が全社員に送った熱いメール

2022年3月1日 7:00 週刊ポスト

サントリー全社員にあててメッセージを送った鳥井信宏副社長の思いとは(時事通信フォト)
サントリー全社員にあててメッセージを送った鳥井信宏副社長の思いとは(時事通信フォト)

 国内最大の飲料メーカー・サントリーホールディングス。同社の“次期社長”と確実視される創業家の最高幹部が社内で“アクション”を起こした──。

 2月17日、全社員宛に送られたメールには力強いメッセージが書かれていた。

〈今こそサントリアンの力を全て結集して、このビール戦争を勝ち抜かなくてはなりません〉

〈私も「狂」となり、先頭に立って、「へこたれず、あきらめず、しつこく」戦いぬきます。皆さんも必死でついてきてください〉

 題名は〈【サントリアンへのメッセージ】「ビール事業 真の自立」に向けて〉。送り主はサントリーホールディングスの鳥井信宏副社長(55)だ。鳥井氏はサントリー創業者の鳥井信治郎氏のひ孫にあたる。

 メールの主旨は2023年、2026年に酒税改正を控えるサントリーのビール事業は「勝負の年」を迎えており、その苦境を乗り越えるためにはデジタルもフル活用してプロモーションしていく必要がある──といった内容だ。

 単なる経営幹部からの叱咤激励にも見えるが、社内では様々な受け止め方をされているようだ。同社の男性社員が言う。

「新浪剛史社長(63)から社員を鼓舞するようなメッセージが届くことはありますが、鳥井さんからというのは珍しい。しかも『俺についてこい』という熱い内容だったので、社内では『社長が交代するのかな?』とも囁かれています」

 一族経営のサントリーでは、2014年にローソンの経営を立て直した“プロ経営者”の新浪氏を、創業家以外から初めて社長に抜擢した。

 しかし新浪氏はインタビューで「次の社長は(創業家の)鳥井信宏副社長」と明言しており、国際経験豊かな新浪氏は鳥井氏の“教育係”と見られている。2020年には「2021年3月の株主総会で交代するのではないか」との報道もあったが、現在も新浪氏が社長の椅子に座り続けている。新浪氏は今年で就任以来8年目で、日本企業における社長の一般的な任期とされる「6年」を上回っている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。