マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

淡路島産たまねぎを何度も襲った産地偽装 栽培法を中国に持ち込む巧妙手口も

2022年3月21日 7:00 女性セブン

兵庫県・淡路島の名産品である淡路島たまねぎ。2012年には大規模な産地偽装事件も発覚している(時事通信フォト)
兵庫県・淡路島の名産品である淡路島たまねぎ。2012年には大規模な産地偽装事件も発覚している(時事通信フォト)

 スーパーの鮮魚コーナーや野菜コーナーで目にする「国産」の表示。無意識に「安心」「おいしい」と思ってしまう人もいるだろうが、その「国産」は本物だろうか。最近では「熊本県産あさり」の産地偽装問題が大きく取り沙汰されたばかり。うなぎや高級魚、牛肉など、食品の産地偽装は頻発しているのだ。

 青果の分野でも、高品質な日本の農作物は注目されやすい。兵庫県・淡路島の名産品である淡路島たまねぎは、「やわらかい」「甘い」「辛みが少ない」と高い評価を得ている。4~5月は、待ちに待った新たまねぎの収穫時期だ。同島の最大産地でもある南あわじ市で、親子代々、たまねぎの栽培を手がける川村喜一さん(仮名・66才)が話す。

「淡路島のたまねぎは明治時代に、この南あわじ市の地で試作したのが始まりと聞いています。戦後から広まり始め、1964(昭和39)年には日本一のたまねぎの産地となった。そして全国に知られるブランド品となりました」

 40年以上、たまねぎ作りを続けてきた川村さんだが、2ヘクタールもの広大な畑を眺めながら、表情を曇らせる。

「淡路島でもたまねぎの産地偽装が何度も起こっています。この南あわじ市からも見つかっている。なかでも衝撃だったのが、2012年にあった大規模詐欺。南あわじ市の農産物加工業者が、中国産たまねぎを淡路島産と偽って、約560tも販売していたんです」(川村さん・以下同)

 業者は、自身の会社名義で「淡路島産」と記したニセの産地証明書を発行し、取引業者を信用させていた。しかし、完全に取引先をだませたのは、さらに巧妙すぎるやり口からだ。

「詐欺業者は、淡路島たまねぎの栽培法を中国に持ち込んだのです。そのため、プロでも見分けがつかないほど淡路島たまねぎと品質が近かった。それを淡路島に運び込んで、“淡路島産”と書かれた箱に詰め替えたら、もう見抜くのは難しい。さらに、取引先が商談の視察にやってくると、無関係の畑に連れていって『この畑で育てているたまねぎだ』などと説明していたそうです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。