マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

W杯全試合無料配信で注目のABEMAを徹底解剖 有料会員になると何ができるのか

2022年3月28日 15:00 マネーポストWEB

W杯で注目される「ABEMA」とはどんなサービスなのか?(Getty Images)
W杯で注目される「ABEMA」とはどんなサービスなのか?(Getty Images)

 インターネットテレビ局のABEMA(アベマ)が、11月に開幕するサッカーワールドカップ(以下、W杯)カタール大会の全64試合を無料で生配信することを発表して、注目を集めている。そもそもABEMAとはどのようなサービスなのか。無料会員と別に有料会員制度もあるが、その違いはどこにあるのか、解説しよう。

有料会員はW杯の「追っかけ再生」も可能

 ABEMAによると、W杯については〈ライブ配信史上最高峰であるフルHD(1920×1080p)の映像解像度で、動きの速い競技シーンもなめらかに捉え、高品質な試合映像を提供いたします〉、〈アベマで過去最高の約3倍を想定した配信キャパシティを構築し、安定した視聴環境を提供いたします〉とのことで、快適な環境のもと高品質な映像での生配信を目指すという。

 生配信終了後の“見逃し配信”での無料視聴や、生配信中のコメント投稿も可能。ダイジェスト番組などのオリジナルコンテンツも配信される予定だ。生配信中に試合の最初から再生する「追っかけ再生」と、試合終了後のコメント閲覧は、月額960円の「ABEMAプレミアム」会員のみの機能となる。

 2002年日韓大会以降のW杯では、NHKと民放各局が一括で放送権を購入していた。しかし、カタール大会では放送権料が高騰した影響で、NHKが21試合、フジテレビとテレビ朝日が各10試合ずつの放送権を購入するにとどまっていた。つまり、ABEMAが放送権を獲得しなければ、日本国内での“W杯全試合無料視聴”は不可能だったかもしれないのだ。

 まさにスポーツファンにとっては救世主となったABEMA。乱立する動画配信サービスの中でも、独自の存在感を見せている。その特徴を見ていこう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。