マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

「音楽とデイサービスの融合を」定年前に退職した元警察官の介護業界への挑戦

2022年3月29日 16:00 週刊ポスト

埼玉県警の警察官だった上野拓さん。58歳で退職した後、会社を起業し、デイサービス施設「KEION」を開設
埼玉県警の警察官だった上野拓さん。58歳で退職した後、会社を起業し、デイサービス施設「KEION」を開設

「定年後はどこでどうやって働くのか」という問題に直面するのは、サラリーマンだけでなく公務員も同じ。安定の象徴とも言える公務員の立場から、60歳を境に起業というチャレンジに踏み出し、充実した日々を送っている人がいる。

 埼玉県警の警察官だった上野拓さんもその一人だ。58歳で退職した後、会社を起業し、埼玉県川越市にデイサービス施設「KEION」を開設した。

 警察官も定年を迎えると、再任用や別の職種での再雇用がある。ほかにも、防犯協会などの公益法人や、損保や生保など民間企業に再就職する道もある。なぜ定年まで勤めて、安定したルートを選ばなかったのか。

「警察官の場合、定年の60歳まで勤めると、退職金が減らされる制度になっています。退職金も大事な運営資金になりますし、60歳を超えてから新しいことを始めようとしても、体力的にも精神的にもつらいだろうなと思ったんですね」

 警察官を辞めて上野さんが始めたのは、防音室完備で、楽器演奏ができることをウリにしたデイサービス。部屋の入り口横にはピアノ、奥にはドラムやギター、マイクスタンドが置かれている。利用者は午前9時半から午後4時半まで、昼食やおやつをとりながら、楽器を演奏したり歌ったりして時間を過ごしている。施設の内装は、大部分を自分で手がけたかったので、まだ体力があるうちに始めたかったのも退職の理由の一つだという。

 上野さんはなぜ介護業界に挑戦しようと考えたのか。

「約40年間の警察人生で500件を超える孤独死の現場を見てきました。そのほとんどが悲惨な現場で、“なぜこんなことになるんだろう”という気持ちを抱いていたんです。そのなかで、熱中して打ち込めることや社会との関わりがあれば、たとえ一人になったとしても幸福と感じて人生を全うできるのではないかと考えるようになったんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。