マネー

「それでもテメェは親か!」93才母を罵った60代女性の「自宅介護の限界」

「自宅介護の限界」をどこで感じたか(イメージ)

「自宅介護の限界」をどこで感じたか(イメージ)

 時間、体力、お金など、あらゆる面で忍耐が必要になる介護。いくら家族といえども、疲労がピークに達すれば、口論になったり投げ出したくなる時もあるだろう。93才の母の自宅介護に奮闘する女性セブンの「オバ記者」こと野原広子さん(64才)もその一人。野原さんが、介護を通して経験した憤りやいら立ちの日々を、正直につづった。

 * * *
「それでもテメエは親か! ふざけたこと言ってんじゃねぇ、バカ!」

 93才の、ほぼ寝たきりの母親に暴言を吐いてしまった私。母ちゃんは私を睨みつけて、一言も発しない。それがまた腹が立って腹が立って、どうにもならない。

 コトの発端は2か月前。寝たきりを脱し、ポータブルトイレで用を足せるようになったタイミングで、母親の年下の女友達Aさん(75才)が施設行きをすすめてくれた。

「いいか。歩けなくなった年寄りはみーんな施設に入んだよ」とズバッと。
「ヒロコちゃんを縛りつけて、一生食わせるだけの金、あんのかよ」
「娘と息子がかわいいと思うなら、黙って施設に行くんだ!」

 長きにわたって父親を自宅介護したAさんにしか言えないことだ。そうしたら母は、「施設になんか入れてみろ。こうしてやっから!」と手を首に当てたの。それから施設の話が出るたびに、同じジェスチャーをし出したんだわ。

 母親がどのくらい本気で言っているかはわからないけれど、夏の初めから鏡を見るのも忘れて介護に明け暮れた私に、こんな脅し方をするか?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。