マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

高成長「10倍株」のヒント AI、バイオマス、リベンジ消費などが注目テーマ

2022年4月2日 19:00 週刊ポスト

高成長が期待できる銘柄をどう見分けるか(時事通信フォト)
高成長が期待できる銘柄をどう見分けるか(時事通信フォト)

 インフレの時代には、国民もお金の使い方、資産の守り方を根本から変えることを迫られる。貯蓄はリスクとなり、自ら資産を運用していくことが求められる。

 株式で資産の一部を構成していこうとする際には、大きな成長が期待できる「高成長銘柄」を見極めることが大事だ。カブ知恵代表の藤井英敏氏が語る。

「“川上”産業の銘柄などは物価上昇に比例した株価上昇は期待できるが、それ以上の上昇を狙うなら、爆発的な成長力を持つ企業に注目しておきたい。なかには“テンバガー(10倍株)”となる爆発力を秘めた銘柄もあると見ています」

 まず藤井氏が注目するのが、AI(人工知能)を活用して顧客企業が抱える課題を解決するエッジテクノロジーだ。

「業績が絶好調で、今年4月期は前年比334.6%と大幅な営業増益予想となっています。今年2月にマザーズに新規上場したばかりで、圧倒的な成長力からも大化けが期待できるでしょう。また、バイオマス由来の化学品の研究開発を進めるGreen Earth Instituteは、石油由来の化学品に取って代わる“イノベーション”につながる可能性が高く、要注目です」(藤井氏)

 さらにコロナによる“自粛ムード”から経済再開に向けた動きが高まるなか、「コロナ禍で我慢を強いられてきた人たちの『リベンジ消費』は、インフレ下でも盛り上がりが期待できる」として、藤井氏は格安航空券サイトを運営するアドベンチャー、ウエディング事業を展開するブラス、スポーツイベントを手がけるセレスポなどを挙げる。

 また、ウクライナ危機でサイバー攻撃が問題視されるなか、「ネットセキュリテイの重要度は高まっており、グローバルセキュリティエキスパートやGRCSなども注目」(藤井氏)という。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。