マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

値上がり続く電気料金 節約のために考えたい新電力切り替えと契約プランの見直し

2022年4月21日 16:00 週刊ポスト

5月以降の主な商品の値上げスケジュール
5月以降の主な商品の値上げスケジュール

 そういったリスクを回避する選び方について、中田氏はこう説明する。

「自社で発電源を持つ、石油系会社や都市ガス会社、母体事業が規模の大きい通信系の会社などを選ぶとよいでしょう。代表的なものに、伊藤忠エネクスが設立した『TERASELでんき』や、『idemitsuでんき』『ソフトバンクでんき』などがあります。新電力への切り替えによって年1万円ほど電気料金を下げることができるケースは珍しくありません」

 切り替えの際は、契約プランの見直しも必須だ。

「家族が一番電気を使う時間帯の使用量を把握して、余剰があるなら契約アンペアを1つ下げましょう。一般的に2人世帯の場合、40Aが平均的な電力量で、大きいほど基本料金も高くなる。適切なアンペア数にすることで節約につなげられます」(中田氏)

 最適な選択は何か、検討を重ねることが大切だ。

※週刊ポスト2022年4月29日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。