マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

次世代遊技機「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」は業界の救世主となるか

2022年4月25日 16:00 マネーポストWEB

パチンコ・パチスロユーザーをつなぎとめることができるか?(イメージ)
パチンコ・パチスロユーザーをつなぎとめることができるか?(イメージ)

 パチンコ・パチスロメーカーからなる日本遊技機工業組合(日工組)と日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)が3月24日、「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」と呼ばれる次世代遊技機の登場時期について発表した。

「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」とは、ユーザーが実際にパチンコ玉やメダルを触れずに遊技ができる機種のこと。日工組と日電協の発表によると、スマートパチスロは2022年11月、スマートパチンコは2023年1月のホール導入を目標にしているという。

ユーザーにもホールにも、双方にメリット

 スマートパチンコ、スマートパチスロの導入で、ユーザーにとってどのようなメリットが考えられるのか。パチンコ・パチスロに詳しいジャーナリストの藤井夏樹氏が説明する。

「スマートパチンコ、スマートパチスロの最大のメリットは、やはりパチンコ玉やメダルに触らないで済むことです。パチンコ玉やメダルは不特定多数のお客さんが触っていることもあり、かなり汚れているものです。玉やメダルの汚れで指先が真っ黒になることも珍しくありません。スマートパチンコ、スマートパチスロでは、そういった玉やメダルに触れる必要がなく、衛生的な問題の解消につながるとともに、感染症対策にもなると見られています。

 また、出玉のデータをホールから管理センターという場所に送り、そこで監視するという取り組みも予定されています。もし不自然な出玉データがあれば、すぐに対応できるということで、台の不正な改造や極端な釘調整への対策が容易くなります」

 パチンコ玉やメダルを使わないとなれば、店員の仕事も減ることとなる。パチスロのメダルの補給や計数などの作業はなくなるだろう。

「パチスロの場合、古くなった機種はメダル投入口が劣化することも多く、度々エラーが出て店員が対応することになりますが、スマートパチスロであればそういった作業も要りません。ホール的には、スタッフへの負担減、あるいは人件費削減というメリットがあります」(藤井氏・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。