マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

iPod touch販売終了で「代替機をどうすれば?」ユーザーたちの切実な悩み

2022年5月18日 16:00 マネーポストWEB

iPodの登場で音楽を聴くあり方が大きく変わった(Getty Images)
iPodの登場で音楽を聴くあり方が大きく変わった(Getty Images)

 Appleが5月10日、iPod touchの販売を終了すると発表した。初代iPodは2001年に発売され、「小さな機器で大量の曲を聞ける」と音楽ライフに革命をもたらした。以後、多くのシリーズが生まれ、デザインや機能などがアップデートされてきたが、約21年の歴史に幕を下ろすことになる。一方で、iPodシリーズの突然の販売終了発表に、ユーザーたちの間では、「代替機をどうすればいいのか」という悲鳴も相次いでいる。“iPod難民”たちに「代替機問題」について聞いた。

 メーカーに勤務する30代男性・Aさんは、「販売終了になると聞いて、Appleストアで早速、1台確保しました。念のためもう1台持っておいてもいいかもしれない」と悲痛な表情で語る。現在、愛用するiPod classic(2009)が限界を迎えているからだ。

「さすがに10年ものなので、iPod classicにもガタが来ています。中古を買うのもありだと思いましたが、状態の良い物がすぐに手に入るとは限らないため、新品のiPod touchを買っておくことにしました。iPodがなくなるのは本当に痛いです」(Aさん)

 AさんはiPhoneを持っているが、あえて1台にまとめずに分離しているという。

「何でもiPhoneにまとめて完結できる時代になりましたけど、音楽プレーヤーとして独立して持っていたいんです。音楽の分だけ容量やバッテリーが削られるので、iPhoneに音楽再生の役割は担わせたくない。自分でCDを取り込んで、プレイリストを作る時間も好きなので、ネットにつながる必要もない。もし、筋トレやランニングする人なら、携帯性からApple Watchへの移行を考えるかもしれませんが、iPod classicみたいに容量を気にせずに音楽を入れたい自分のような人間には、やっぱりiPodがなくなるのはつらいです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。