マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

問われるメガバンクの存在価値 バブル崩壊以降“お金持ちにだけ”やさしくなった

2022年6月2日 6:00 女性セブン

メインバンクとして「メガバンクを選ぶ」理由はどこにある?(イメージ)
メインバンクとして「メガバンクを選ぶ」理由はどこにある?(イメージ)

 メガバンクにおける普通預金の金利は約0.001%、定期預金は約0.002%と超低金利だ。過去には普通預金の金利でも約3%、100万円預ければ1年で3万円ほど増えた時代もあったことを考えると、何のために預金しているのかわからなくなる。経済評論家の上念司さんはその理由をこう語る。

「低金利となったきっかけはバブル崩壊です。メガバンクが続々と経営悪化に陥ったため、企業は融資を受けられず、ボーナスの減少やリストラが相次ぎました。住宅ローンを支払えなくなった個人も増えたため、景気回復策として日本銀行が講じたのが、ゼロ金利政策です。

 しかし、その後も景気は回復することなく、金利は引き下げられるばかり。そこでメガバンクは、これまで無料で行っていた、通帳発行や両替、口座の管理サービスで手数料を取るなど、有料化せざるを得なくなりました。もはや、メガバンクのサービスは顧客の方を向いていないといってもいいでしょう」

求められるのは金を創造する力

 低金利に手数料……それでもメガバンクと取引を続けている人は多い。なぜか──。

「昔からの安心感が大きいんですよね」とは、東京都在住の会社員Tさん(52才)だ。

「そもそもメガバンクを選んだのは、会社の給与振り込み先にと指定されたからで、それから合併などもありましたが、約30年間同じ銀行。だから、公共料金やクレジットカードの引き落とし口座にもしていて、いまさら他行に変えて手続きし直すのが面倒なんですよね」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。