マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【第6回】1億ポンドの買いポジションで、ついに評価益が10億円に!| 突然マルサがやってきた!

2016年11月17日 17:00

 2009年12月に発行された元FXトレーダー・磯貝清明氏の著書『突然マルサがやって来た!~FXで10億円稼いだ元ヒルズ族社長の絶頂と貧民転落~』(小学館)を、『マネーポストWEB』にて全文公開(全10回)。第6回は、第3章「評価益は10億円! 絶好調FXに支えられた六本木ヒルズライフ」の後半です。

前回の記事はこちら⇒【第5回】六本木のキャバクラはとにかく高いぞ!? 1週間で飽きた | 突然マルサがやってきた!

(ここに書かれている内容は、断り書きのない限りすべて同書発行時点のものである点をご了承ください。また、本文中に登場する人物名は、著者・磯貝氏を除いて仮名です)

 * * *

第3章 評価益は10億円! 絶好調FXに支えられた六本木ヒルズライフ(後半)

■セレブ生活を支えるFX。わずか30分で1000万円の利益も!

 もちろん、そのころはFXも絶好調。長い間円安基調が続いていたので、買いポジション(外貨を買う取引を維持している状態。

 FXではレバレッジがかけられるので、実際の投資額の何倍ものポジションを持つことが可能)を増やすだけで、かなりの確率で利益が上がったのです。

 僕がFXを始めた2004年のころとは比べものにならないほど、海外の金利もグングン上昇していました。2007年には、アメリカの政策金利が年5.25%、イギリスは年5.75%にまでなっています。

 一方の日本はと言えば、相変わらずの低金利。ドルやポンドを買っていれば、スワップポイントも面白いように稼げたのです。

 こうした相場の追い風を受けて、僕はすっかり調子に乗っていました。ちょっと円高になれば、

「そーれ、バーゲンだ!」

と外貨を買う。円安になりそうなニュースがあれば、

「儲かるぞ!」

と、また外貨を買いました。取引会社の担当者さんが、

「今は絶好のチャンスかも」

と言えば、

「じゃあ買っといてよ!」

と、やっぱり外貨を買うのです。とにかくどんどん取引を進め、買いポジションはみるみる膨らんでいきました。

「FX」関連記事

[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。