マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【第6回】1億ポンドの買いポジションで、ついに評価益が10億円に!| 突然マルサがやってきた!

2016年11月17日 17:00 マネーポストWEB

■1億ポンドの買いポジションで、ついに評価益が10億円に!
marusa-manga5+

 円安のピークでもあった2007年には、いよいよポジションの額が大きくなりました。夏までには、なんとポンドの買いポジションが1億ポンドに達しました(約30倍のレバレッジをかけていたので、実質的な資産は約30分の1くらい)。

 1億ポンドというと、その当時のレート(1ポンド=約250円)で日本円に換算すると約250億円! 

「日本で一番ポンド/円を持つ男」といわれていたくらいです。しかも、ポンドは値動きが荒いので、1日の間に2~3円はカンタンに変動します。

 1億ポンドを持っているということは、為替が1円動くと、資産が1億円動くということです。そりゃもう、とんでもないことになっていました。

 当時は利用していたFX会社の専属担当者に電話で注文していましたが、金額が大き過ぎて業者がカバー先の銀行ディーラーに直接電話してもさばき切れず、複数の銀行に電話しまくってやっと注文できた、なんてこともありました。

 これだけ大きな注文を入れてると、為替レートに影響を与えてしまうこともあります。

 これより少し前の話になりますが、2005年の夏ごろには、ニュージーランド・ドルで2600万枚(当時のレートは、1ニュージーランド・ドル=75円程度で、約19億5000万円相当)の買いポジションを持っていたときがありました。

 仕込んだ時期からずいぶん円安に進み、相当の利益が出ていたので、利益を確定しようと一気に売り注文を出したのですが、15分ぐらいかけて僕の注文が成立すると、相場が1円40銭も円高に動いてしまいました。

 ニュージーランド・ドルはかなりマイナーな通貨ということもあって、結果としてこの僕のトレードが、世界の為替レートを大きく動かしてしまったわけです。

 よく、「FXをやってると世界とつながってるのがわかる」なんていう人もいますけど、僕の場合は、「オレが世界を動かしてる!」って感じですかね。

 実際は、利益確定の売りでこれだけ円高にふれちゃうと、利益が減って涙目なんですけど。

 あるときなんかは、僕がポンドを大量注文した直後に、通信社が「本邦機関投資家がポンドにまとまった買いを入れた」と誤配信。とうとうニュースにまでなっちゃいましたよ。

「FX」関連記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。