マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【第6回】1億ポンドの買いポジションで、ついに評価益が10億円に!| 突然マルサがやってきた!

2016年11月17日 17:00 マネーポストWEB

■そして悲劇は訪れた。一晩で4億円の損失で「ひとり反省会」を開催

 評価益が10億円になったといっても、まだまだこれは通過点。笑われるかもしれませんが、当時の僕の目標はドドーンと1兆円です。

「オレのFXトレードは絶対に正しい。さあ、この調子でガンガン稼いでいくぞ! 」

 と気持ちをさらに奮い立たせていました。

 しかーし! ……その喜びもつかの間。そのわずか数日後に、予想だにしなかった悲劇が訪れたのです。

 とあるパーティに招待されて仲間たちと楽しんでいたところに、取引会社の担当者がケータイを鳴らしてきました。

「磯貝さん、大変なことになってます!」

 僕の可愛いポンドちゃんが、大暴落していたのです。

「マジかよ!? なんとかしてくれ!」

 持っているポジションがあまりにも大きいので、強制ロスカットされるほどに円高が進めば、その損失は計り知れません。あわてて保有していたポンドのポジションを決済してもらいましたが、時すでに遅し。

 10億円あった証拠金は、一瞬のうちに6億円にまで減ってしまいました。それでもまだ助かったほうでした。もしこの担当者が連絡をくれていなかったら、損失はこれだけでは済まなかったでしょう。

 そう自分に言い聞かせても、やっぱりヘコみました。それまでも、何千万円も損失を出してしまったことは何度もありましたが、一晩で4億円もスッてしまったのはさすがに初めての経験だったからです。

 この夜はとても自宅マンションにまっすぐ帰る気になれなくて、ザ・リッツ・カールトン東京の45階のラウンジで、シャンパンを飲みながらひとりで反省会をしました。

「なんでこんなことになったんだろう? ポジションを大きくし過ぎたのがいけなかったのか? いや、ポンドばかりに集中したのが悪かったのか?」

 と、自分なりに、シャンパン片手にほろ酔い気分で、反省したつもりでした。でも、今にして思えば、そんなに深刻には考えてはいませんでした。

 なんといっても、カンタンに増えて、カンタンに減ったお金です。もう少し注意深く取引すればまたカンタンに取り返せると思っていたんです。

 そして僕は、この大損失をリベンジすべく、すぐにポンド買いを再開しました。でも、後になってみれば、この日の暴落なんてほんの序章に過ぎませんでした。

「FX」関連記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。