マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

大前研一 「ビジネス新大陸」の歩き方

「自民党一強」状態から抜け出せない日本の政治 最大労組「連合」の怠慢も要因か

2022年6月23日 6:00 週刊ポスト

日本最大の労働組合「連合」はサイレント・マジョリティの受け皿になれるか(イラスト/井川泰年)
日本最大の労働組合「連合」はサイレント・マジョリティの受け皿になれるか(イラスト/井川泰年)

 自民党有利と予想されている7月の参院選。その対立軸が出てこないのはなぜか。経営コンサルタントの大前研一氏が考察する。

 * * *
 7月の参議院議員選挙は「自民党の圧勝」という見方が大勢になっている。報道各社の世論調査で岸田文雄内閣と自民党の支持率が上昇し、野党の支持率が軒並み低下しているからだ。

 野党の存在感がどんどん薄くなっている現状のままなら、おそらくそうなるだろう。一見、自民党が選挙に強いようにも思えるが、実際には野党陣営が離合集散して“自滅”していると見るほうが正しい。自民党の政党支持率は30%台から40%前後にとどまっており、残りの6割以上は野党支持に転じてもおかしくはないからだ。

 そもそも自民党の支持母体は、農業協同組合、漁業協同組合、医師会、歯科医師会、経団連、商工会議所、中小企業、商店街など従来の法制度や規制に守られてきた“既得権者”が中心であり、それらに政策の共通項はない。つまり、自民党支持層の主体は「ノイジー・マイノリティ」の寄せ集め集団なのである。だから自民党の政策は、各々の支持母体の要望に配慮したバラ撒きになってしまうのだ。

 それに対抗する残り6割は「サイレント・マジョリティ」である。いわゆるサラリーマンなどの給与所得者やパート、アルバイト、フリーランスの人たちだ。しかし、今の野党はその層を取り込めていない。

 では、サイレント・マジョリティのための政策立案はどこがやるべきなのか? 私は、日本最大の労働組合「連合(日本労働組合総連合会)」以外にないと思う。

 イギリスは保守党と労働党、アメリカは共和党と民主党の二大政党制となっている。富裕層や既得権者を支持層とする保守政党と、都市部の労働者・生活者を支持層とする革新政党という構図だ。本来、日本にもイギリスの労働党やアメリカの民主党のような、サイレント・マジョリティを代表する政党が必要だ。

 しかし、旧民主党の消滅後、離合集散を繰り返すばかりの日本の野党は、政策よりも人物本位で選挙を戦うだけで、自民党への対抗勢力にはなっていない。

 となれば、労働者の代弁者である連合こそが政策集団をつくるか、政策立案ができる人材をアドバイザーに招いて、“対立軸”を打ち出すしかないと思う。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。