マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

岸田政権が掲げる「賃上げ促進税制」「一億総株主」が毒にも薬にもならない理由

2022年6月28日 6:00 女性セブン

岸田首相肝入りの政策の効果は?(時事通信フォト)
岸田首相肝入りの政策の効果は?(時事通信フォト)

 7月10日に投開票となる参議院選挙。そこで問われていることは、何なのか。NHKの世論調査では、今回の参院選においてもっとも重視する政策課題に「経済対策」を挙げた人が42%と最多だった。

 今年4月の生鮮食品を除く消費者物価上昇率は、前年同月比で2.1%となっており、6月13日には、対ドル為替が1ドル=135円台に突入。わずか半年足らずで20円も円安が進んだ。これにより、原油などのエネルギーや小麦などのさらなる値上げは免れないだろう。

 物価が上がること自体は、大きな問題ではない。物価だけが上がり続け、賃金がまったく上がっていないことが問題なのだ。

 他国では物価上昇率を賃金上昇率が上回っている一方で、わが国の同期間の名目賃金上昇率は、0.96倍。上がるどころか、下がっているのだ。OECD(経済協力開発機構)の調べによると、日本人の年間平均賃金は約440万円。1997~2020年にかけて、名目賃金はアメリカやイギリスでは2倍以上、韓国では3倍近く上がっているのに対し、日本は30年間ほぼ横ばい。年によってはマイナスになっている。これは、OECD加盟国の中では異例だ。

日本人の賃金は30年前のまま(OECD調べ。提供/共同通信社)
日本人の賃金は30年前のまま(OECD調べ。提供/共同通信社)

 これがアベノミクスの実態である。安倍政権は「インフレ率2%」を目指して施策を打ってきたが、肝心の国民の賃金を上げる有効な政策がなかった。そこにコロナ禍も手伝って、日本特有ともいえる“政策失敗が招いた経済危機”が白日の下にさらされたのだ。

 そこで政権与党・自民党は、今回の参院選に向けて、今年度改正した「賃上げ促進税制」を経済政策の目玉の1つとして掲げている。経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説する。

「前年度よりも給与などの支給額を増やした中小企業に対し、増額分の一部を法人税から控除できる制度です。しかし、この制度はまったく意味をなさないでしょう。なぜなら、日本企業の7割が、そもそも法人税を支払っていないのです。しかも税額控除は増額分の一部なので、企業からすれば賃金を上げるメリットはほとんどありません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。