マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

モスバーガー「全商品の9割値上げ」“安さを売りにしない”バーガー店はどう生き残るか

2022年7月3日 15:00 マネーポストWEB

モスバーガーの看板商品『モスバーガー』は390円から410円に20円の値上げ
モスバーガーの看板商品『モスバーガー』は390円から410円に20円の値上げ

 多くの外食チェーンが値上げに踏み切るなか、モスバーガーも7月13日からメニューの価格を改定する。公式サイトの発表によると、〈コロナ禍による経済環境の変化や、ウクライナ危機の影響〉によってコスト増に直面したため。値上げの対象となるのは全商品の約9割で、10円から40円の値上げ幅となることに、理解を示す声がある一方で、「ますます足が遠のきそう」という声もあがっている。

 価格改定の一例は以下の通り。

商品名 旧価格→新価格(いずれも税込価格)
『モスバーガー』390円→410円
『ハンバーガー』220円→240円
『ロースカツバーガー』400円→440円
『フレンチフライポテトS』230円→250円
『モスチキン』270円→280円

 今回のモスバーガーの値上げについて、ネット上では〈今の世の中値上げは仕方ないと思う〉などと許容する声も多いが、

〈「食べたいけど今日は我慢かな」と思う日が増えるかも〉
〈ますます足が遠のいてしまう……〉
〈モス美味しいんだけど、家族分買うとなると高額になってしまい、なかなか買えない〉

 と、ハンバーガーチェーンのなかでは比較的値段が高めなモスバーガーが値上げするということで、利用頻度が下がりそうだという意見も多い。

モスバーガーの『フレンチフライポテトS』は230円から250円に20円の値上げ
モスバーガーの『フレンチフライポテトS』は230円から250円に20円の値上げ

 今回のモスバーガーの値上げの影響について、外食チェーンに詳しい小浦大生氏はこう分析する。

「値上げラッシュが続いていることもあり、モスバーガーの価格改定に対しても“仕方ない”と理解を示す声は多いと思います。しかし、9割ほどの商品が値上げするとなると、その影響はかなり大きい。たとえば“メイン、サイドメニュー、ドリンク”のセットで考えると、メインで20円、サイドメニューで20円、ドリンクで10円といった形で合計50円ほど値上がりするわけです。それで家族4人で行ったら、1回の会計で200円くらい値上がりしてしまうこともある。“値上げは仕方ない”と感じていても、200円多く払うとなれば、負担増を実感することになるでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。