マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ネット上に「もう一人の自分」がいる… 検索・閲覧履歴等のビッグデータから読み取れるプロファイル

2022年8月2日 19:00 女性セブン

ネット上の行動履歴からその人の趣味嗜好から悩みまで、AIには丸わかりとなっている(イメージ。Getty Images)
ネット上の行動履歴からその人の趣味嗜好から悩みまで、AIには丸わかりとなっている(イメージ。Getty Images)

 どんなショッピングサイトを開いても目に飛び込んでくる「あなたへのおすすめ」の表示。Twitterで化粧品のレビューに「いいね!」をすれば通販サイトの広告が表示され、YouTubeで好きなアーティストのMVを見れば、関連動画に同じアーティストの動画が出てくる。

「あら、やっぱりいまはこれが流行ってるのね」「やっぱり、このアーティストって人気なのね」と思ったら大間違いだ。なぜなら、これらはどれも、あなたの検索・閲覧データをもとに、AIがあなただけに向けて選び出したものだからだ。私たちが自分で選んでいると思っているニュースも、本も、洋服も、音楽も、何もかもが、AIに選ばれ、一方的に押しつけられているだけかもしれない。桜美林大学リベラルアーツ学群教授の平和博さんが言う。

「例えば、『日傘』と検索したとします。すると、どのサイトをどのくらい長い時間見ていたかも、その後『日傘 折り畳み』『日傘 2000円以内』と検索し直したことも、それが何月何日の何時のことかも、データとして記録される。

 そうしたデータをAIが収集・分析することで“このユーザーは夕方5時以降に検索することが多く、安価な折り畳み式の日傘を探している”という結果を出し、広告表示につなげています。同様にSNSでも、いつ、誰のどのような投稿に“いいね!”を押したか、その後どのような投稿を閲覧して何を投稿したかまで、個人のネット上の行動はすべて記録され、AIによって分析されています」

 こうした大量の履歴が「ビッグデータ」と呼ばれる。このデータを、AIは勝手に分析して各ユーザーをプロファイリングし、それをもとにニュースや商品、広告などの情報を提供する。それが、AmazonやGoogleの仕組みなのだ。平さんはこれを「監視カメラでずっと見られているようなもの」とたとえる。

家族にも言えない秘密をデータは知っている

 ITジャーナリストの三上洋さんは、こんな提案をする。

「試しに、Googleの広告設定を開いてみてください。これを見ると、私の場合は“55~64才の男性、言語は日本語、テレビゲームに興味があり、住宅を持っている”などと推測されていることがわかります。こうした情報は、私がGoogleに提供したものではなく、私の検索履歴などから推測して、AIが割り出したものです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。