マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「猛暑でバッテリーがすぐ消耗…」“スマホ熱中症対策”に悪戦苦闘するユーザーたち

2022年8月6日 15:00 マネーポストWEB

“スマホ熱中症対策”は大丈夫?
“スマホ熱中症対策”は大丈夫?

 猛暑が続く中、熱中症対策が欠かせないが、それは自分の身体だけでなく「スマートフォン」にも必要なようだ。Appleの公式サイトによると、周囲の温度が「0~35℃」の場所での使用を推奨しており、熱い場所や直射日光下では、発熱や動作不良、バッテリーの持ちが悪くなるなど、不具合が生じる可能性があるという。もちろんこれは、iPhoneに限った話ではなく、どんなスマホでも暑さに弱い。実際、SNSには「スマホの調子が悪い」という悲鳴が続出しているが、スマホユーザーたちはどんな対策を講じているのか。“スマホの熱中症対策”に悪戦苦闘しているユーザーたちの声を集めた。

延命措置として大容量モバイルバッテリー購入

「最近、スマホのバッテリー残量の減り具合が速くてびっくりしています。外出先でサイトや動画を見ていたら、あっという間にバッテリー残量が20~30%くらい減っていることもあります。この前は、電車の中であまり使っていないのに充電切れしていることに気付いて、“この世の終わり”だと思いました」

 そう語るのはメーカーに勤務する20代女性・Aさんだ。スマホが使えなくなった絶望感から、対策を講じることを決意した。

「普段はギリギリ1日、バッテリーが持つんですけど、夏になってからは持たなくなりました。もう1年半くらい使っているスマホなので、バッテリーの劣化もあるんでしょうけど、ひとまず延命措置として大容量のモバイルバッテリーを買いました」(Aさん)

 モバイルバッテリーの携帯で充電問題は解決したが、今度はスマホの「発熱」に悩まされることになった。

「充電しながらスマホを使っていたら、すごく熱くなって怖かったです。後からバッテリーが劣化する行為だと知って、控えるようになりました。ただ夏場は充電していなくても発熱がすごい。持ち歩いているハンディファンで、スマホを冷ますこともあるくらい」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。