マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「6万円損した気分…」iPhone大幅値上げ当日に“一番高く”購入した男性の後悔

2022年8月5日 16:00 マネーポストWEB

7月から大幅に値上げしたiPhone(写真はiPhone 13 Pro)
7月から大幅に値上げしたiPhone(写真はiPhone 13 Pro)

 原材料費や物流費の高騰と円安の影響を受けて、様々なものが値上がりしている昨今。この7月にはアップルのスマートフォン「iPhone」も大幅値上げされた。

 7月1日、アップルは日本におけるiPhoneの一斉値上げを発表、同日からアップルショップでの価格が改定された。たとえば、iPhone 13(128GB)なら、9万8800円から11万7800円に1万9000円値上げ(税込み、以下同)。最上位機種のiPhone 13 Pro Max(1TB)は19万4800円から23万4800円に4万円の値上げとなった。

 その後、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの各キャリアでもiPhoneの価格が改定。そんななか、はからずも値上げ当日にiPhoneを購入することとなってしまい、“大損した気分”を味わったという人に話を聞いた。

1日遅れただけで3万円アップ

 都内の映像制作会社に勤務する40代の男性・谷本さん(仮名)は、ドコモでのiPhone値上げ当日である7月15日に、地元のドコモショップでiPhone 13 Pro(256GB)を購入したという。ドコモショップでのiPhone 13 Pro(256GB)の価格は、7月14日までが16万5528円、7月15日からが19万5030円。つまり谷本さんは1日遅れただけで3万円弱を多く支払うことになったのだ。

「元々機種変更をしたいと思っていて、仕事の都合から、7月半ば頃を予定していました。7月1日にアップルショップで値上げされたことは知っていたのですが、キャリアでの値上げも同時に行われたものだと思っていたんです。でも、実際にはキャリアはまだだったんですね……。結局、値上げ当日に買うことになってしまい、気づいたときには結構落ち込みました」(谷本さん・以下「」内同)

 とはいえ、値上げ当日にしか購入できない事情もあったという。

「実は7月11日にドコモのサイトで端末を予約したんです。そして翌12日に端末を確保できたという連絡があって、そこで15日に来店予約を入れました。というのも、13日と14日は仕事の予定が終日入っていて、ドコモショップには行けなかったんですよ。ただ、その予約の電話を切った直後にネットのニュースを見たら、ドコモが15日から値上げすると報じられていて、そこで“ああ、最悪のタイミングになってしまったな”と気づきました。

 ちなみに、予約したのは値上げ発表前ですが、だからといって、値上げ前の価格で買えるなんて甘い話はなかったです。交渉の余地はありませんでした。こんなことになるなら、わざわざ予約せず、11日に直接ドコモショップに行けば良かったです。在庫があるものは、値上げ前の価格で買えていたわけですから」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。