マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

普通の電話と何が違う? 「突然のLINE通話」に困惑する人たち

2020年7月23日 15:00

「LINE通話」が苦手な人の言い分は?(イメージ)
「LINE通話」が苦手な人の言い分は?(イメージ)

 いまやコミュニケーションツールとして欠かせない存在となったスマホアプリ・LINE。6月29日発表のNTTドコモ モバイル社会研究所によれば、15~79歳の利用率は72.6%。40代以下では平均8割超え。50代でも約7割が利用しているほどだ。

 LINEの機能はテキストやスタンプを使ったメッセージのやりとりだけではない。ユーザー同士で無料通話できることも大きな魅力のひとつだが、そんなLINEの通話機能が苦手だという人たちもいるようだ。どういうことなのか、ユーザーたちの話を聞いた。

「逃げられない状態での通話」が怖い

 30代の女性・Aさん(自営業)は、もともと電話がそこまで好きではないタイプだった。だからこそ、LINEのテキストメッセージやスタンプでのやりとりは楽だった。だが、それがアダになったと話す。

「先日仕事上で知り合った、50代後半の男性。夜、LINEでやりとりをしていたら、いきなりLINEでの無料通話がかかってきたんですよ。LINEですぐ返事をしたから、どうやら『いまならスマホの前にいる』と思ったようなんです。そうやって逃げられない状態のときにかかってくるのって、ちょっと怖い。正直引きました」(Aさん)

 Aさんはスマホの電話機能とLINE通話の仕様の違いを指摘しながら、大して親しくもない人とLINEで通話することが苦手だと明かす。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。