マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

ゲーム・車・漫画と好決算連発 「リユース市場」拡大を後押しする3つの要因

2022年8月20日 15:00 マネーポストWEB

新車価格の上昇もあいまって、中古車市場も活況を呈している(イメージ)
新車価格の上昇もあいまって、中古車市場も活況を呈している(イメージ)

 いま、株式市場で注目が集まっているのが「リユース」や「買取再販」の業態だ。好業績の理由や、注目する直近の企業の決算について、個人投資家・投資系YouTuberの森口亮さんが解説する。

 * * *
 2022年8月時点で決算発表が一巡してきました。その中でいま大きな注目を集めているのが「リユース」や「買取再販」と言われる業態です。リサイクル通信の「中古市場データブック2021」によれば、リユース市場の規模は、2020年の2.4兆円に対して2030年には3.5兆円まで拡大する見込みとなっています。なぜ今、リユース市場が拡大しているのか? そこには3つの要因が考えられます。

 リユース市場拡大を後押しする1つ目のキーワードは、「SDGs」です。SDGs(Sustainable Development Goals)とは、直訳すると「持続可能な開発目標」のことを指し、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すという国際目標です。「持続可能」というキーワードのもと、新商品を開発、使用、廃棄するのではない「リユース」という視点が注目されています。

 2つ目は「インフレ」です。新型コロナウィルス対策による世界的な金融緩和政策の影響に加え、ロシア・ウクライナ情勢の悪化により、2022年は世界的なインフレとなりました。物の値段が上がるインフレ対策の一つとして、リユースという選択肢が消費者の中でも優先されています。

 そして3つ目は「円安」です。世界各国が利上げ、金融引き締めに転じる中で、日本はいまだに金融緩和政策として、マイナス金利政策を続けています。世界各国と日本の金利差が広がり、円安へ。2022年8月現在のドル円の為替レートは約130円台で推移しており、2022年年始の115円と比較して急激に円安ドル高が進行しています。日本国内での影響としては、輸入物価が上昇することで、インフレとダブルパンチで価格上昇が起こります。

 このように「SDGs」「インフレ」「円安」という3つの要因から、急速にリユース市場への関心が高まっているのです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。