マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

アラフィフ世代が気をつけたい洋服選びのポイント 体型をカバーするテクニックも

2022年8月31日 19:00 女性セブン

色や模様以外に、体型に合わせた服選びにもコツが
色や模様以外に、体型に合わせた服選びにもコツが

 年齢とともに自分の体形も洋服のサイズも変化している。自分に合った洋服を選ぶにはどうすればいいのだろうか。ファッションアドバイザーの里村素子さんに、アラフィフ世代の女性が気をつけるべき、洋服の選び方のポイントを聞いた。

■色で気をつけることは?
「たとえば黒いパンツを買って、サイズ感がよかったので色違いでもう1着買いたいと思うことはありませんか? ボトムスの場合白やパステルは膨張色なので、同じサイズでも太って見えることがあるんです。薄い色はヒップサイズが合っていればきれいに見えるので、1つ小さめのサイズを選ぶといいですよ」(里村さん・以下同)

■模様によってサイズも変える?

「ボーダー」は、線の太さで印象が変わるので気をつけたいアイテム
「ボーダー」は、線の太さで印象が変わるので気をつけたいアイテム

「基本的に、模様によってサイズを気にする必要はありません。ただ、『ボーダー』は、線の太さで印象が変わるので気をつけたいアイテム。線が細いタイプは少しゆるめを選んで裾をパンツに入れたり、マークして締める。太い線の場合は、ジャストサイズか、やや小さめを選んで裾を出して着るなど、着方や線の太さでサイズを変えましょう」

■カットソーの選び方は?

首回りは、あいたものより、適度に詰まったものを選んだ方がきちんと感が出るという
首回りは、あいたものより、適度に詰まったものを選んだ方がきちんと感が出るという

「年齢が上がるほど、チープ感のあるペラペラした素材の服は避け、張りのある素材を選ぶこと。サイズは、身幅にそこそこ余裕があり、1枚で着ても見苦しくなく、上着を羽織っても“もたつかない”サイズがおすすめ。首回りは、あいたものより、適度に詰まったものを選んだ方がきちんと感が出ます」

■パンツの選び方は?

パンツをはいたときに、正面では太ももと股の付け根あたりに、後ろ姿ではお尻に横じわがあったら、それはアウト
パンツをはいたときに、正面では太ももと股の付け根あたりに、後ろ姿ではお尻に横じわがあったら、それはアウト

「パンツをはいたときに、正面では太ももと股の付け根あたりに、後ろ姿ではお尻に横じわがあったら、それはアウト。きつい場合はサイズが合っていないということです。ポケットのある場合は、横から見てポケットが開いていたら、ヒップが合っていないという印なのでサイズを変えて」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。