マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

“ヌード寸法”“仕上がり寸法”とは? 通販の服選びに役立つ「サイズ」の知識

2022年8月28日 19:00 女性セブン

サイズにまつわるこんな経験、ありませんか?
サイズにまつわるこんな経験、ありませんか?

 ネットで洋服を購入する機会が増えたが、届いた服を着てみて「キツッ!」「大きすぎた~」といった失敗が後を絶たない。その原因の1つに「前は9号だったから、いまは11号くらいかな~」など、安易にサイズを選んでいることが挙げられる。特に女性の場合、ある程度の年齢を超えてくると自分の体形やサイズが変化してくるのに加え、メーカーによりサイズ設定が異なるという面もある。

自分のサイズ、勘違いしてない?

自分のサイズ、勘違いしてない?
自分のサイズ、勘違いしてない?

 体重を気にして、1日に何度も体重計に乗る人はいても、スリーサイズをこまめに測って確認する人は、少ないのではないだろうか。

「50代前後は体形の変化が大きい世代。30代の9号と50代の9号は、まったく違います」と、ファッションアドバイザーの里村素子さんは言う。

「50代は加齢によってバストの位置が下がり、背中も丸くなり、そのせいで二の腕も丸みを帯びてきます。すると体の重心が前に来るため、下腹にも肉がつきやすくなる。体重は若い頃からあまり変わっていなくても、体形は変化しているのでサイズを見直す必要があるわけです。これまで9号だったからと思っても、実は11号を着た方がラクな場合もあるんです」(里村さん・以下同)

 そのため、サイズのアップデートをせずに「自分のサイズはコレ!」と思い込んでいると、買い物で失敗しかねない。

「かたくなに同じサイズを選んだり、いつもより大きなサイズを着ることに抵抗がある人も多いのですが、見るからにキツそうな格好はおしゃれには見えません。数字にとらわれず、ワンサイズアップする勇気が必要! 自分の着たいサイズを無理やり着るのではなく、いまの自分の体形に合うサイズを選ぶ方が、気持ちよくおしゃれができますよ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。