マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

アラフィフ世代が気をつけたい洋服選びのポイント 体型をカバーするテクニックも

2022年8月31日 19:00 女性セブン

体形のコンプレックスをカバーする選び方

■ぽっちゃり体形
「大きすぎるサイズを選ぶよりも『Iライン』を意識し、縦長シルエットで体形カバーを。ロングのジレ(ベスト)やカーディガンなど長い羽織り物は縦長シルエットが作りやすい。斜めがけのバッグやロングのネックレスなどの小物を使うのも手軽です」(里村さん・以下同)

■お尻が大きい
「最近は、ロング丈のスカートが流行りなので、ふくらはぎが半分ほど隠れるミモレ丈か、ぐっと長いくるぶしまであるマキシ丈がおすすめです。中途半端な長さを選ぶと、ふくらはぎが強調されて足が太く見えるので要注意」

■二の腕が太い
「袖はフレンチスリーブなどの中途半端な長さが最も腕が太く見えます。袖なしで太めのバングルをつけるか、長袖をめくって手首を強調すると、二の腕が目立ちません。最近人気の袖にボリュームのあるデザインは、年代的に敬遠するかたもいますが、意外と腕の太さを隠してくれますよ」

■足がO脚
「スカートなら、ミモレ丈かマキシ丈で隠してしまいましょう。ミモレ丈の場合は、フラットシューズよりも3cmくらいヒールのあるものを合わせると、よりカバーできます。パンツならスリムタイプは避けて、余裕があるテーパード(太ももから裾にかけて細くなっているパンツ)やワイドタイプを選んで」

ファッションアドバイザー・里村素子さん/ファッションサブスク『エアークローゼット』にて、パーソナルスタイリングを担当しつつ、ファッション関連などのコラムの執筆も行う
ファッションアドバイザー・里村素子さん/ファッションサブスク『エアークローゼット』にて、パーソナルスタイリングを担当しつつ、ファッション関連などのコラムの執筆も行う

【プロフィール】
ファッションアドバイザー・里村素子さん/1979年生まれ。大学卒業後、エルメスジャポンに入社し、店舗での接客等を経験。現在はファッションサブスク『エアークローゼット』にて、パーソナルスタイリングを担当しつつ、ファッション関連などのコラムの執筆も行う。

取材・文/苗代みほ イラスト/サヲリブラウン

※女性セブン2022年9月8日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。