マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

スマホ乗っ取り被害の実態 自宅のリビングでも放置しておくのはリスク大

2022年9月2日 16:00 女性セブン

スマホ乗っ取り被害は身近なところから起こることも…(イメージ)
スマホ乗っ取り被害は身近なところから起こることも…(イメージ)

 ネット通販、動画視聴、リモート会議……日常的にあらゆる行動がスマホひとつで行われている。それに比例してスマホを使った犯罪も増加している。具体的にはどのような被害があるのか。まずは、不正アプリによる乗っ取り被害の実例を紹介しよう。

 京都府の会社員・Aさん(29才)は、頻繁に送られてくる迷惑メールに頭を悩ませていた。また、スマホを起動していないはずなのに、突然カメラのシャッター音がするなど、不可解なことが多くなった。スマホのアプリを1つずつ調べてみると、インストールした覚えのないアプリが入っていることがわかった。

「これは、不正アプリをインストールされたことによって、スマホが乗っ取られた状態です」(防犯アドバイザー・京師美佳さん。以下同)

 不正アプリとは、個人情報やデータを盗む目的で作られたアプリ。インストールされると第三者に乗っ取られ、個人情報の流出、クレジットカードの不正利用、盗撮・盗聴などが遠隔操作で行われる。しかし、なぜ知らないうちにインストールされたのか。

「近しい人間が勝手に入れた可能性もありますが、公式ストアを経由せず、ウエブからインストールしたアプリが偽物だったり、ウイルスだった可能性があります」

 Aさんはあるサイトから、“無料占いアプリ”をインストールしたことがある。公式ストア以外で配布されているアプリには、悪意あるアプリが紛れている場合があるのだ。犯罪評論家・佐々木成三さんが言う。

「不正アプリによる被害はほぼAndroidユーザー。Androidにはストアを経由しない“提供元不明アプリ”があるんです」

 ではどう対策すべきか。

「Androidの設定で“提供元不明アプリ”を許可しないこと。また普段から、アプリを何個入れているか把握しておくことも大事。使わないものはこまめに削除するなど、定期的に整理しましょう」(佐々木さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。