マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

家事ができない夫たち「柔軟剤の存在を知らない」「ルンバの後で掃除機かける」

2022年8月31日 16:00 女性セブン

家事をやる気はあるものの…
家事をやる気はあるものの…

 買い物を頼めば自分の分だけ購入し、洗濯機には柔軟剤を入れ忘れる。掃除に至っては、ルンバのスイッチの入れ方すら知らない……家事をやる気はあるけど、そのスキルが低すぎて妻を苛つかせる夫は少なくないようだ。

柔軟剤を知らない夫
柔軟剤を知らない夫

 結婚15年目を迎える会社員の山川知美さん(46才、仮名)は、夫に初めて洗濯を頼んだときのショックをこう振り返る。

「タオルや衣類を洗濯機に入れ、スイッチを押すところまでは順調そうに見えたけれど、いざ洗い上がってみると『いつもと違ってなんだかごわごわするけど、水質が変わったのかな? それとも洗濯機が壊れたのかな?』と首をかしげている。よくよく聞いたら、洗剤しか入れてなかったんです。柔軟剤の存在を知らなかったようで、本当に驚きました」

ご近所さんからまる見え…
ご近所さんからまる見え…

 洗い上がった洗濯物の干し方で夫婦関係に亀裂が入ることもある。小川さんが言う。

「友人の夫の話です。洗濯を快く手伝ってくれるのですが、何でも洗濯ばさみで1か所だけつまんで干すくせがある。お気に入りの洋服がしわになったり、変な形がついてしまったりして困っているとこぼしていました。

 1週間入院しなければならず、その間夫に洗濯を任せることになった別の友人は、退院して帰宅したら、ご近所さんからまる見えのところに、自分のパンツとブラジャーが堂々と干してあって腰を抜かしたそうです。『もしかして、毎日こうやって干してたの?』と恐る恐る尋ねた妻に、夫は得意げに『もちろん! いちばん日当たりのいいところで乾かしたよ』と話したとか……」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。