マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「お義母さんならタダでしょ」 家事代行の提案が妻の逆鱗に触れたワケ

2020年11月13日 15:00

妻への気遣いのつもりが…(イメージ)

 古くて新しい、仕事と家事・育児の両立問題。近年は、そうした悩みを解決してくれる家事代行サービスが活況を呈している。仕事と育児で手一杯の妻を助けようと、その利用を提案したことが夫婦不和の原因になったという40代男性に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
「育児で手一杯の妻のためを思って提案しましたが、残念な結果となってしまいました」──そう語るのは、東京23区在住の繊維メーカー勤務、今野達雄さん(仮名・40歳)。家事代行サービスの利用をめぐって夫婦喧嘩になったという。

 家事代行サービスとは、利用者宅へ訪問し、家事に関する専門知識や資格を持ったスタッフが家族の代わりに掃除や洗濯、炊事などを行うものである。

 1時間当たり2000〜3000円程度が相場で、依頼内容にもよるが1回2時間から利用できるものが多い。ライフスタイルや予算に合わせて、頻度を調整することも可能だ。

 近年、子育て世帯の共働き夫婦の増加などもあり、家事代行サービスの需要は高まってきている。

「妻は2歳の娘を育てながらフルタイムで働いています。最近仕事が忙しく、家事まで手が回らないことにイライラしていたので、家事代行サービスの利用を提案しました」(今野さん、以下同)

 今野さん自身も業務量が多く残業続き。本当は家事を手助けしたいが、時間的に厳しいそうだ。そこで提案した家事代行サービスの利用だったのだが、妻の逆鱗に触れてしまうことになった。

「『そのお金はどこから出てくるのよ!』と、すごい剣幕で怒られてしまいました。たしかに給料は高くありませんけど……。ここまでは良いとして、驚いたのは私の母に依頼すると言い出したことです。『身内だし、無料で引き受けてくれるでしょ?』って……、絶句しましたよ」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。