マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

不用品を売るならリユースショップか、フリマアプリか それぞれのメリット・デメリット

2022年9月19日 19:00 週刊ポスト

不要品を売るならリユースショップとフリマアプリをどう使い分ける?(イメージ)
不要品を売るならリユースショップとフリマアプリをどう使い分ける?(イメージ)

 不要品を捨てずに、リユースショップやフリマアプリなどで売る人が増えている。そのどちらで売るかによって、売り上げや手間は大きく異なるといえる。

 ネットでは、オークションやフリーマーケットの体裁を整えたサイト上で、個人同士でやりとりするのが主流だ。売り手側の思い通りに値が付けられ利益は大きい半面、商談成立後には自分で荷物を梱包して送る手間がかかり、万が一のクレームにも直接応じる必要がある。両者の長所と短所を知り、自分に合った売り方を選ぼう。

 節約アドバイザーの丸山晴美さんはこう語る。

「隠れ資産という言葉をご存じですか? 衣類からレジャー用品まで個人が所有する不要品を換算すると、ひとりあたり30万円超になる計算です。高級ウイスキーの空き瓶、昔のコーラの空き缶、古いファミコン・ゲーム機や漫画本なども、売り先を選べばお金になります。『ゴルフのトロフィーは名前の刻印入りで売れないと思ったが、じつは銀製だったので高額換金できた』という事例もあるので、中古品の価値は自分で決めつけないことです」

 年末は大掃除で不要品が大量放出され、リユースショップは大忙しとなる。

「リユースショップ・デビューするなら、まだ空いている11月末頃までがオススメ。店員さんから、今は何が売れるか話を聞き出すのもいいですね」(丸山さん)

取材・文/山本真紀 撮影/古川 章

※週刊ポスト2022年9月16・23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。