マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

iPhone 14で「mini」廃止 コンパクトサイズにこだわる“mini難民”たちの嘆き

2022年9月22日 16:00 マネーポストWEB

「iPhone 14」(=左)と「iPhone 14 Plus」を比べると、そのサイズの違いが歴然(Getty Images)
「iPhone 14」(=左)と「iPhone 14 Plus」を比べると、そのサイズの違いが歴然(Getty Images)

 9月16日に発売された「iPhone 14」シリーズ。ラインナップからiPhone 12と13で発売された5.4インチモデル「mini」が姿を消し、その替わりに6.7インチモデルの「Plus」が加わった。PlusはiPhone 8 Plus以来、5年ぶりの復活となる。上位モデル「Pro Max」と同等の画面サイズが下位モデルにも投入されたことで、アップルが大画面路線に舵を切ろうとしていることがうかがえる。

 そうした中、穏やかではないのはminiのユーザーだ。iPhone 14でminiが廃止になったことは切実な問題で、失意の声も聞こえてくる。コンパクトサイズのスマホにこだわるユーザーたちは、mini廃止をどう受け止めているのか。また、代替機種はどうするのか。“mini難民”たちに話を聞いた。

スマホは“外出時用”の端末だから小さい方がいい

 iPhone 14のmini廃止に寂しさを覚えたという40代男性・Aさん(PR会社勤務)。コンパクトモデルへのこだわりを、次のように話す。

「スマホ1台で、何でも完結させるというのがトレンドなんでしょうね。でも、私にとってスマホはメイン端末ではなく、あくまでも“外出時用”の端末という位置づけです。小さい方が持ち運びに便利だから、ありがたいんです。家に帰れば、PCとiPadがあるので、そちらがメインユースになります」(Aさん)

 iPhone 13 miniを使用中のAさん。機種変更する際にminiという選択肢がなくなった今、どのような選択をするのか。

「正直、写真にもこだわりがないし、スマホのカメラがそこまで高性能である必要はないんです。機種変更するならiPhone SE(第3世代)のような廉価版でいい気がしています。ただ、miniの復活を信じたい気持ちもあり、もう少し待つのもありだと思っています」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。