マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

2017年以降「10倍株」が続出か? 最注目はAI関連

2016年11月9日 16:00

2017年以降「10倍株」が続出か

2017年以降「10倍株」が続出か

 長らく低空飛行が続いていた「日経平均」が徐々に上昇気流に乗ってきた。野村證券投資情報部長の竜沢俊彦氏が「今は絶好の投資機会と考えています」と“超強気”宣言するように、投資のプロたちは強気姿勢を貫いている。

 その根拠としては、株式市場を取り巻く状況が、株が急騰し始めた1997年当時の状況に似ているからだという。世界情勢の不安が金利を押し下げる要因となっている、米国の利上げが遅れて低金利状態が続いている、かつての「IT革命」と同様「AI(人工知能)革命」が到来しようとしている、在庫循環が復調局面に入っている、などが類似点だと竜沢氏は指摘している。

 1997年当時を振り返ると、ファーストリテイリング、ヤフー、ニトリ、ドン・キホーテなど、その後に株価が大化けした「10倍株」(テンバガー)も数多く出現した。

「2017年以降、大化けする企業が乱発すると見ています。大企業の株も上がると予想していますが、『10倍株』を狙うなら、売り上げ規模が小さい中小型株です」(竜沢氏)

 それでは、いま“仕込む”べき銘柄は何か。多くのプロが名前を挙げたのが、「AI関連」の株だ。カブ知恵代表の藤井英敏氏が、「AI関連のど真ん中」とするのはメタップス。

  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。