マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

依頼は年300件“ほぼなんでも直す”金継ぎ修復士 「修復は心に寄り添うこと」

2022年10月14日 7:00 女性セブン

「金継ぎ」という修復技法を用いて破損した陶磁器の復元修理を行う「M&I」代表の荒井勇さん
「金継ぎ」という修復技法を用いて破損した陶磁器の復元修理を行う「M&I」代表の荒井勇さん

 皿の欠損した部分を漆でくっつけて、天然素材の金粉を撒く。金色になった修復部分を何度も丁寧に磨くと、割れたはずの皿に新しい命が宿ったかのように生まれ変わった──。

 東京・祖師ヶ谷大蔵の「M&I」は、室町時代から続く「金継ぎ」という修復技法を用いて、破損した陶磁器の復元修理を行う。代表の荒井勇さんが語る。

「美術工芸品やフィギュアを中心に、陶磁器や木製品、革製品などほぼ何でも直します。過去にはカーネル・サンダース人形のズボンの裾をシングルにしたり、靴のソールを厚くしてほしいとの依頼を受けたこともあります」

 荒井さんが「修復士」になったのは、バラバラに割れた犬の置物がきっかけだった。

「清掃会社に勤めていたとき、依頼人宅の玄関にあった犬の置物を割ってしまったんです。どうしようかと焦っていたら、補修職人さんが何事もなかったかのように直してくれた。元通りになった犬の置物に感激して、自分もやってみようと思いました」(荒井さん・以下同)

 補修職人のもとで修業した荒井さんは32才で独立し、2006年にM&Iを立ち上げる。駆け出しで依頼がない中、最初に舞い込んだ発注は陶器メーカー「リヤドロ」の割れた人形だった。破損部を接着剤で固定し、ヒビの隙間に合成樹脂を埋め込み、サンドペーパーで慎重に削った。細心の注意を払って作業を重ね、修理箇所がわからないように仕上げた。

「当時は千葉に店があり、鎌倉(神奈川)の依頼人宅まで交通費を計算すると大赤字でしたが、仕事をいただけたことがありがたく、懸命に作業しました。依頼人が“きれいに直ったね”と喜んでくださったときは本当にうれしかったものです。16年経ったいまでも忘れられない修理です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。