マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

思い出の詰まった写真や手紙 「捨てられないもの」と幸せに付き合う方法

2022年3月2日 15:00 女性セブン

思い出のしみこんだものは簡単に捨てられない(イラスト/とげとげ。)
思い出のしみこんだものは簡単に捨てられない(イラスト/とげとげ。)

 長引く自粛生活で、自宅の整理をする人も増えているという。だが実際のところ、果たしてみんなどれほど捨てているのか。『女性セブン』の会員サイト2997人にアンケートを行い、読者の家の中にある“捨てられないもの”を調査した。

 簡単に捨てられるものもあれば、そうはいかないものもある。昔の写真や手紙、人形など、思い出のしみこんだものがそうだろう。アンケートの回答で集まったリアルな声を見ていこう。

 当時の出来事が即座によみがえる写真は、思い出アイテムの筆頭。

●家族で見返しながら楽しい時が過ごせた。(68才・無職)
●隣に写る元夫の顔は二度と見たくないが、ウエディングドレスを着た自分を捨てられません。(53才・会社員)

 問題は、膨大な写真の整理だ。

●どこまでを保管しておくかが悩みどころ。大切な家族の顔をゴミ箱に捨てるのは勇気がいるので。(31才・パート)

 整理収納アドバイザーの藤岡聖子さんいわく、「似た構図の写真は1枚に絞るなど、できるだけ整理を。また、昔の分厚いアルバムから、軽くて小さい差し込み式のものに移し替えると、後々運びやすいです」。

 子供時代の手紙や工作も、珠玉の宝物として支持された。

●つたない文字で書いてくれた「母が世界一好き」という内容の手紙。幸せな記憶を捨てるわけにはいかなくて。(58才・会社員)
●弟がくれた線だけの手紙。文字を書いているつもりでくれたもので、かわいくて捨てられないのです。(27才・パート)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。