マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

その生命保険は本当に必要か? あらゆる「もしも」に対応できるのは保険ではなく貯蓄

2022年11月3日 15:00 女性セブン

保険が効果的なケースとは?(イメージ)
保険が効果的なケースとは?(イメージ)

 生命保険料は「マイホームの次に高い買い物」と言われる。何十年も続けているとその支払いは数百万円を超えることもザラ。では、それに見合った保障を受けられているのだろうか。定期的な保険の見直しを忘れないようにしたい。

 実際、病気やけがなど「もしものリスクに備えましょう」と言われて加入したまま、ほったらかしにしている保険がないだろうか。辛口保険評論家でファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんが言う。

「医療保険に入っていても学費には使えませんし、死亡保険の場合は亡くならない限り保険金は支払われません。毎月保険料を払い続けるより、むしろ同じ額を貯蓄や資産運用に回した方が、あらゆる『もしも』に対応できます。保険は大きなトラブルに遭ったときに『保険金』という形で解決してくれるもの。ただし、その契約に合ったトラブルにしか対応できません」

 家庭でもっとも大きなトラブルは、やはり大黒柱である世帯主が亡くなること。オフィスバトン「保険相談室」代表の後田亨さんは、保険が効果的なのは「あまり起きないであろう、大きな損失」のみだと話す。

「小さな子供がいる世帯主が、突然の事故で急死するなどの事態です。現役世代がこうしたリスクに備えるために生命保険に入ると、死亡率が低い期間だけ加入することになるので、安い保険料で大きな保障を得られます」

 子供1人あたりにかかるお金は、小学校から4年制大学(私大文系)までで約1000万円。生活費も含めると約2000万円は必要とされる。学資保険は、親が亡くなると保険料の支払いが免除され、予定通りの金額を受け取ることができる。しかし、だからといってお得というわけではない。

「学資保険が有用だったのは、金利が高かったバブル期の話です。いまの戻り率は、高くても109%ほど。年利にすると約0.9%です。“自分の親が入っていたから”などと、深く考えずに加入しないように。学資保険は毎月の保険料を“強制的”に積み立てられるので、貯蓄が苦手な人が“引き出せない預金”として使うのはいいかもしれません」(長尾さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。