マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

日本のFX取引額が初めて月1000兆円を突破 「ミセス・ワタナベ」再増加の理由

2022年11月7日 7:00 週刊ポスト

FXの個人取引額(ドル円)は今年春先以降に激増
FXの個人取引額(ドル円)は今年春先以降に激増

 複数のモニターに映し出された為替チャートから片時も目を離さず、秒単位、分単位で取引を行なう人たち。値動きに一喜一憂しながら、わずか数時間の間に巨額の利益を手にする──。

 32年ぶりの記録的な円安・ドル高が続くなか、FX(外国為替証拠金取引)を主戦場にする“個人投資家”の存在感が際立っている。

 金融先物取引業協会のデータによると、今年に入ってから日本の個人が手掛けるFXのドル円取引が急増。1月に355兆円だった取引額は9月には単月として初めて1000兆円を突破した。4月からの半年間で、取引額は5162兆円を超える。今年度の国家予算(一般会計歳出)が約110兆円、東証全体の株式時価総額が723兆円(10月末)だから、いかに市場が巨大化しているかがわかる。

 そもそもFXは、ドルと円など2つの通貨を「ペア」にして売買する取引で、1998年の外為法改正で個人投資家向けの取引が始まった。

 仕組みは実にシンプルで、たとえば1ドル=100円の時にドルを100万円分買い、1ドル=120円の時に売れば、(手数料等を除き)約20万円が利益となる。

 為替が上がるか下がるかに賭けるという意味では“丁半博打”ともいえ、そのシンプルさから、サラリーマンや主婦にも裾野が広がっていった。

 また、FXの大きな特徴に、少ない元手で大きな金額を動かせる「レバレッジ」の仕組みがある。

 FXの基本的な取引単位は1万通貨(米ドルなら1万ドル)で、仮に1ドル=100円なら100万円の資金が必要だ。ただし、その4%を「証拠金」として拠出すれば取引が始められ、最大で自己資金の25倍の売買が可能となる。つまり25倍のレバレッジをかければ、4万円で100万円分の外貨が取引できることになる。

 FX取引の特性から、個人投資家が続々と参入。その“集合体”はヘッジファンドなど、世界の投機筋と渡り合う力を持つともいわれる。なかには数億円の利益を得ながら、脱税で起訴された主婦投資家もいる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。