トレンド

「貯まらない」でなく「貯めている最中」… お金持ちが使う“ポジティブ言葉遣い”への言い換えテク

ネガティブな発言ばかりしていると…

ネガティブな発言ばかりしていると…

 上がり続ける物価に下がり続ける給料……不景気が続くいま、一体どうしたら裕福になれるのか──そんな切実な疑問を、お金持ちの実態に詳しい専門家にぶつけてみたところ、“お金持ちの口癖”には意外なルールがあることがわかった。

「20年以上マネー相談に乗ってきた経験からわかったことは、お金のある人は皆、ポジティブな言葉を使っているということです」

 とは、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんだ(「」内以下同)。なぜ言葉遣いがお金とつながるのか。

「お金を動かすのは人です。明るく前向きな言動ができる人は人に好かれ、仕事やお金を得るチャンスに恵まれやすい。逆に、ネガティブな言動ばかりで人に嫌われてしまうと、お金が入るチャンスも失われてしまいます」

 言葉には自分や周りを変える力がある。だからこそ、目標を言葉にするのが有効だ。

「漠然と“お金持ちになりたい”と思うのではなく、明確に言葉にしましょう。たとえば、副業で月収を5万円増やし、その分をつみたてNISAに回すなど、お金が入る流れと使い方を具体的にすることが大切です」

言い方を変えれば考え方も変わる?

 以下、お金持ちならではの言葉遣いを、実例をもとに具体的に解説しよう。

■貯まるのを待つ“受け身”より“攻め”!
×「お金が貯まらないな~」
○「いま、貯めている最中」

「ムダ遣いが多い人に限って“お金が貯まらない”が口癖。お金は勝手に“貯まるもの”ではなく、自ら“貯めるもの”。漠然と貯金をせず、毎月1000円ずつでもいいので貯めるなど、固い意志を持って臨んで」

■税金を払うことで優遇されている
×「税金払いたくないわ~」
○「税金を払っているから、こんなに医療費が安いのね」

×「税金払いたくないわ~」/○「税金を払っているから、こんなに医療費が安いのね」

×「税金払いたくないわ~」/○「税金を払っているから、こんなに医療費が安いのね」

「税金を払っているからこそ、私たちは公共のさまざまな設備やサービスを利用できます。それを当たり前と考え、税金を払いたくないという人は、感謝の気持ちを持つ余裕がないのかも。感謝する心こそ人を惹きつけ、金運を呼び込みます」

■“たまたま”は存在しない!
×「今月はたまたまお葬式があったから、赤字なんです」
○「特別出費は毎月あるからその分貯めておこう」

×「今月はたまたまお葬式があったから、赤字なんです」/○「特別出費は毎月あるからその分貯めておこう」

×「今月はたまたまお葬式があったから、赤字なんです」/○「特別出費は毎月あるからその分貯めておこう」

「冷蔵庫が壊れる、友人が突然来訪する、病気になるなど、“たまたま”はむしろ日常の当たり前です。起こらないことの方が珍しい。それを言い訳にせず、毎月の支出に特別出費枠を設けましょう。そうすると心にも余裕が生まれます」

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。