トレンド

iPhoneのバッテリー交換料金値上げに悲鳴 「わざと消耗させる」ユーザーの必死の対策

iPhoneバッテリー交換料金の値上げでユーザーたちの選択は(イメージ)

iPhoneバッテリー交換料金の値上げでユーザーたちの選択は(イメージ)

 急激に進んだ円安を受けて2022年7月、iPhoneが値上げされたことは記憶に新しい。そして今度は修理代金も値上げされることが、同社の修理サービスページで告知された。Appleは今年3月1日以降、保証対象外のiPhone 14より前の機種のバッテリー交換料金を3000円値上げする。例えば、iPhone 11なら現行9800円だったものが12800円になるのだ。iPhoneユーザーたちは、端末価格の値上げの時とはまた異なる、複雑な感情を抱いているようだ。

長く使いたいからこそバッテリー交換が必須なのに

 メーカー勤務の30代男性・Aさんは、現在使用しているスマホを使い続けたいと思っていただけに、バッテリー交換代金の値上げは「相当ショック」と話す。

「いろんな作業や、ネット、動画の閲覧はPCがメインだし、写真にこだわりたいわけでもなく、スマホは連絡用ツールみたいなものなので、最低限のスペックで十分。だからこそ、一度スマホを買ったら長く使いたいので、バッテリー交換が必須なのに……。値上げは痛手ですね。もちろん、スマホが高騰する中でバッテリーも値上げするのは仕方ないとも思いますが……」(Aさん)

 Aさんは、現在使用するiPhone XSのバッテリー最大容量の表示が80%になったことから、バッテリー交換を検討しているという。

「2月末くらいに、Apple正規店へ駆け込みで持ち込んで、バッテリーを交換してもらうかもしれません。とりあえず、モバイルバッテリーを持ち歩けばまだ問題なく使えるので、様子見です」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。